amazonで立ち読み?Kindle Unlimitedが980円

アマゾンで無料本といえばアマゾンキンドルオーナーズライブラリ(月一冊無料で読める)だけだと思っていましたが、とうとう雑誌、技術書、漫画など織り交ぜて読み放題サービスのキンドルアンリミテッドが始まったようです。

アマゾンの本関係サービスはオーディブルがあったけど?違いは?

アマゾンで本関係の月額サービスといえばアマゾンオーディブル(本の読み聞かせ、一般書籍を音声で聞ける)ばかりかと思っていましたが、ついに本の読み放題がはじまりました。audibleだってジョギング中だとか通勤中、寝る前などに活用できる良いサービスだと思っていました。しかし本好きにはさらに嬉しい読み放題のキンドルアンリミテッド!

オーディブルは読んでくれる分、先を急いで読みたいときや振り返って「あの場所を読みたい」ときは操作が面倒で探しにくいんですよね。読み終わるのに読み手の速度の分だけ時間がかかります。当たり前なんですが、自分の読みたいペースや場所にはいまいちフィットしません。

となるとやはり目で読んだ方が利便性が高いわけですが、今の時代立ち読みもままならないし、田舎だとメジャーな本しか置いていません。

スポンサードリンク

アマゾンで立ち読みしながら本を選ぶ感覚

普通の店舗がある本屋さんだと漫画はシュリンクが貼ってあってもう立ち読みできません。評判をもとに購入するか、表紙だけを見て印象で買うことになり、なかなか初めての作家、初めてのコミックを買う気になりません。アマゾンの新しいサービスであるキンドルアンリミテッドはコミックの1巻が無料で読めるので面白ければどんどん先を読めます。

書店では一般書籍を手に取ってどんな本か確かめられますね。同じようにキンドルアンリミテッドでも気になったタイトルの本を読むことができます。

キンドルアンリミテッドのラインナップは?

Kindle, ペーパー ホワイト, 本, デバイス, メガネ, 電子書籍, 電子, 読書, リーダー, 教育

いいことづくめのキンドルアンリミテッドのようですが、最新刊などどんな本でも読み放題というわけではありません。アマゾンで選定した一部の本がラインナップされています。アマゾン公式発表は「月額¥980で、12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書を読み放題でお楽しみいただけます。」とアナウンスされています。

価格の高い順に商品を並べると2万円の本がお試しになっていたりします。普段読まない、読めない本も試せますね。

コミックREX、百合姫、一迅社、サバイバル、ゆるゆりは全部読み放題!

2ちゃんねるで「コミックREX、百合姫、一迅社、ゆるゆりが読み放題」という情報がありましたが…ちょっと見に行ってみると人気がある本みたいですね。新たな世界が広がりそうです。

  • キンドルアンリミテッドの主な参加出版社

  • 総合、文芸系

講談社、小学館、文藝春秋、新潮社、幻冬舎、光文社、東京創元社など

(確かに人気書籍なども手堅くそろっています。)

  • ビジネス、実用系

ダイヤモンド社、東洋経済新報社、PHP研究所、インプレス、主婦の友社、学習研究社など

(使えるビジネス書、女性向けの実用書もあります。)

  • コミック系

白泉社、秋田書店、祥伝社、双葉社、一迅社、手塚プロダクションなど

(ブラックジャックが読み放題になっていますね。)

キンドルアンリミテッドは月額980円

初月は無料お試しでその後は月額980円です。ひと月にコミックや雑誌も含めて2冊以上読むならそこで元が取れます。1か月は無料なので試してみようかと思います。やっぱり辞めようかな?と思ったらいつでもサービス終了できるようなので…。

本だけ読むならkindle端末がおすすめ

スマホでキンドルアンリミテッドを使っているとあっという間に電池が無くなるので書籍専門の端末があった方が便利です。普通のKindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダーは安くて手軽ですが、バックライトがついていて画面が見やすいのはKindle Paperwhite Wi-Fi、ブラックです。

この機会にアマゾンプライムに入ってアマゾンを使い倒すなら↓のリンクから詳細を調べてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!