乳輪、乳首のシワは乳がんなのか?

生理が終わる時期に乳がんチェックをしています。毎年、エコー検査を受けていますが、年齢とともに胸の形が変わってきたのでガンの兆候じゃないかと気になっています。胸の変化は老化なのか?ガンの症状なのか調べてみました。

スポンサーリンク




年齢による胸の変化

年齢を重ねるにつれて胸が垂れてくる、というのは…本当にそのまま体感しています。胸のハリ方が違ってきた感じです。若い時はパン!としていたのが、だんだんフワフワした感じ…生クリームみたいな感触になってきた感じです。

授乳後にしぼむことがある

授乳をきっかけにして胸の形が変化することもあるようです。授乳しなかった場合とした場合で同じ人物で比較することはできないので一概に言えないですが、授乳した人は胸の大きさが急激に変化するのでしぼんだようになってしまうことがあります。

生理周期による胸の変化

生理周期によってホルモンバランスが変わることで、胸のハリが変わることがあります。生理前に胸が痛んだり、張って痛みが出たりするPMSの症状がある人は生理前に胸が張って大きくなることがあります。

胸が垂れてくるとしわがよる

授乳中はとにかく子どもにおっぱいをあげることに一生懸命だったので胸の形が悪くなっても、とにかくおっぱいをあげることに集中していました。「多少、胸のかたちが崩れても…」なんて思っていたんですが、いざ崩れはじめてみると、形が崩れるだけじゃない色んな不安があります。

一番怖いのが、乳輪のしわ。

胸が垂れる…というか乳首が垂れてくると一番柔らかい乳輪に文字通り「しわ寄せ」が行くようになります。しわっぽい、乳首の重さでへこんでいる乳輪…。万歳の恰好をするとしわっぽい胸…。ただの老化なら諦めようも受け入れようもあるんですが、怖いのが乳がんです。

乳がんの症状と老化との見分け方

乳がんの症状…というか乳がんになったときの胸の見た目の変化があります。

胸のへこみ(えくぼ症状)というのがあって、胸を形作っているクーパー靭帯にガンが湿潤していくことで胸の表面がへこんだように見えるそうです。ガンがクーパー靭帯に影響すると、乳首の位置も左右でずれたりして見えてくるようです。

ガンの自己検診の方法のひとつに両腕を万歳の恰好をしてみて左右の胸の形を観察する、というものがあります。左右の胸の乳首の位置が変わっていたり、変な場所がへこんでいたり、不自然なしわが出来ていないか観察します。

困るのが「このへこみはガンによってひきつれているのか?老化で胸や乳首が垂れてへこんでいるように見えるのか?」ということです。

心配なので胸のへこみを検査してみた

自分では胸のへこみがガンなのか、老化なのか判断できないので検査に行ってきました。マンモグラフィーよりもエコー検査の方が見やすいということでエコー検査をしました。

問診の時にPMSで胸の張りや痛みがあること、かゆみが気になること、乳首の垢が気になること(垢なのか?分泌液なのか?)など伝えていたのでしっかり見てくれたように感じます。

結果……今回の検査では異常なしでした。けれど35歳以上からグンと乳がんに罹る確率が上がるので、一番大事なのは「自己検診すること」だといわれました。何か異常がないか、いつも関心を持つこと、なども説明されました。

へこみができるほどならしこりになっているかも

ガンが大きくなって胸の表面にへこみとして症状が現れるようになるとガンはしこりとして触れられるようです。大きさは梅干しの種くらいが平均らしいです…。生理後の胸が一番落ち着いてしぼんでいて柔らかい時期に、胸のしわや乳輪まわりのたるみ、へこみが気になったら、しこりがないか毎月調べてみるのが自分でできる唯一のガン予防だと思います。

へこみがある→乳がん?!と思ったら自己検診してみて、しこりがあるのか、単なる胸の変化なのか自分でも観察してみると、先月と様子が違う部分が見えるようになってきます。

乳がんができるのは胸の上側が多い

乳がんは乳首を中心に全方向にできる可能性があります。乳首そのものに乳がんができることもあります。ですが、できやすい部分というのは乳首よりも上側(鎖骨側)にできることが多いようです。

胸の上側(腕の方)が一番乳がんが発生しやすいらしく50パーセントもの発生率があるようです。次に多い部分が胸の上側(鎖骨側)で25パーセントくらい。胸の下側(腕側)15パーセントくらい、胸の下側(みぞおち側)が7パーセントくらい、乳首が6パーセントくらいの発生率です。

いつもと違うなら検査を受ける

いつもしわっぽい乳輪だから「きっと老化だろう」と思っていても、乳首から分泌液がでたり、浸出液がでたりするような症状があれば検査を受けてガンかどうか調べて見た方がいいです。体験談を読んでいると乳がんを見逃されたりすることがあり、医師でも判断が難しいようです。自分が納得するまで検査を受けるとか、説明を受けると後悔がないと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!