骨密度がC判定ってヤバい?ランクを上げる方法

無料で骨密度を測ってみました。結果はC判定でした。この結果は良いのか?悪いのか?30代の骨密度はこれから上げることができるのか?を調べてみました。

スポンサーリンク




骨ウェーブはトウ骨の密度を超音波で測る

骨密度を測る方法が色々あって、機械によって結果が違ったりすることがあります。今回測ってみた機械は骨ウェーブというもので、手首の骨、トウ骨に超音波を通して骨を通過した波形を測る…と骨密度が予測できる、という仕組みです。

この骨ウェーブ、なんと定価が130万円!実売88万円くらい?でもお高い機械です。レンタル1日料金が4万5千円という…健康フェスタなんかで人気レンタルされているようです。

測り方は棒を手で握って手首のところに丸いポッチが当たって、そこから超音波が出る仕組みになっているようです。やってみると、握っていると隣の画面になにやら波形が…。

画像は看護師さんがいる最新の機種みたいですが、私がやったのは白黒画面で波形が映るだけのタイプで、「なんだか計測してる」感が満載でした。やっぱりイラストとか液晶画面に入ると物々しさがなくなりますね。

で、測り終えると機械の下の方から検査結果の紙が出てきます。

骨密度判定Cは良いのか?

検査結果がでると測ってくれた人が「Cです。普通ですね~」と言っていました。普通って…?

骨ウェーブでの結果はAからEまででAからCが現状問題ない範囲でした。でもAとBが骨密度が高いとされる範囲でした。Cでも問題ないレベルだけど…もっとカルシウムとビタミンDをとって運動したほうがいい、という判定がでました。

DからEは問題アリなレベルで、Eの場合は骨がもろくなっていて治療が必要なレベルのようです。

骨密度の上げ方

骨密度がAやBの人はともかく、Cの人は現状維持を怠ると危険ゾーンで、DとEの人はせめてC判定にしないと骨粗しょう症まっしぐら…というわけでどうやったら骨密度が上がるのか?を調べてみました。

カルシウムをとる

骨密度といえばカルシウム。カルシウムをとらないと話にならん、というくらい基本事項です。けれどカルシウムだけとっても吸収されにくいようで、他にも一緒に取る必要があるものがあります。

ビタミンDもとる

ビタミンDを取らないとカルシウムを十分に吸収せずに排出してしまいます。ビタミンDは日光浴でも作れますが、魚とかから取った方が良いと言われました。日光浴していれば魚は必要ないか?と聞いたんですが、なんだかんだと魚が良い!と魚押しです。

自宅へ帰ってどうして日光浴より魚なのか?調べてみると日光浴は皮膚がんのリスクが上がるからですね。日焼け止めするとビタミンDが作られなくなってしまうし、皮膚がんとビタミンDはトレード関係…なので魚からビタミンDをとったほうが本当に良さそうです。でも日光には他にも色々良いことがあるのも事実なので日光浴も忘れないようにしたいと思います。

適度な運動をする

カルシウムを体に吸着させるためには骨に振動を与える必要があります。刺激が無いと骨を強化するように働いてくれないという仕組みです。ポイントが「適度な」運動なんです。というのも激しい運動をすると逆にカルシウムが体から流れ出てしまいます。

ウォーキングやジョギングくらいの脚に負荷がかかりにくい運動が良いです。

ランクを上げることはできる?

DやEランクだった場合、C以上のランクに上げることはできるか?という疑問ですが、20歳を過ぎてしまったら無理!という話です…。えぇ~~~、もう絶望しかない…。と思うでしょう?実は私、骨密度測定をやったのは数回目です。以前、D判定をもらったことがあります。で、今回C判定になっているので、少なくてもひとつランクを上げることは可能かもしれないです。

もしくは機械の精度が悪いのか?とも思いますが、出産してすぐに測定したときにD判定だったのですごくカルシウムをとるようにビタミンDも運動も取り入れました。

無料の骨密度判定は商品キャンペーン

骨密度を測ってC判定…そんなあなたに「カルシウム強化牛乳」です!!!!

といって牛乳の購入を勧められました。そうか、そうか、無料骨密度測定は牛乳販売促進のためだったのか~なるほど、確かに欲しくなるわ~、と感心しました。

だって、牛乳1本に1日分の必要なカルシウムとビタミンDが入っているから、これ飲んで歩いていれば骨粗しょう症予防に最適です。

確かにかなり魅力だったんですが、牛乳がそもそもあんまり好きじゃない、飲み忘れる、飲みきれない(毎日1本って結構多い)ってことで、初めはカルシウムウエハース食べてました。

カルシウム製品って飽きる…

カルシウムウエハース、初めは美味しく食べていたんですが、一袋食べきらないうちに飽きました…。飽きると3日に1枚食べるという低頻度になり、恒常的なカルシウム補給から遠のいていきました。

なので、牛乳(そもそも勧められたカルシウム入りの)を飲みました。…けど、これも1か月位で飽きてしまいます。

仕方がないので、飽きないカルシウムを探したところ、錠剤がいいんじゃないかという結論に…。

味気ないですが、吸収しやすいし、持ち運びできるし(外食時でもカルシウム補給できるのは良いです)、飲み忘れても保存が効くので結局一番安上がりでした。カルシウムウエハースは結構賞味期限切れで処分してしまったし、牛乳は自分1人では飲みきなかったです。

飽きっぽい人、牛乳苦手な人、ずっとカルシウムを取り続けて骨を強くしたい人はカルシウム錠剤使ってみると便利に使えると思います。なんとか長く続けたからD判定からC判定になれた?かもしれないです。継続は力なり。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!