子供向けの「結ばない靴紐キャタピラン」とは?

スポンサードリンク

子供の靴ひもジプシーです。靴に付属している靴紐だと、子供がかかとを踏んだりして困っているなら靴紐交換するのがおすすめです。靴紐がほどけてかんしゃくを起こす子供にも有効ですよ!

スポンサードリンク

子供の靴、どんな靴使ってますか

今使っている靴は上のようなベルクロ(マジックテープ)のものです。子供はこの方が脱ぎ履きしやすくて気に入っています。なんといっても玄関先でのもたもたが無いし、値段も2000円前後なのでほとんどの人がこのタイプの靴を使っているんじゃないでしょうか。

正直、通学や上履きにはこの紐+マジックテープ式が一番使いやすいと思います。

小学4年生頃から紐靴に?

たぶん地域差もあると思いますが、私の地域では小学校四年生くらいからマジックテープ式の靴をやめて紐靴にする子供が多いです。5、6年生になると足のサイズも24センチ以上になってきて、マジックテープ式の靴自体の選択肢がなくなってきます。サッカーのトレシューや野球用のスパイクなどもマジックテープ式のものより紐靴の方が種類があります。

紐靴の危険性

早い子だと3年生から紐靴を使えるようですが、紐靴は小さい子にはちょっと危ないといわれています。学校や保育園でも指導されることがあるようですが、紐の靴だと靴紐が解けたときに踏みつけて転ぶ危険があります。小学校低学年くらいだとジャングルジムにひっかかって転落することや、上り棒で靴紐に滑って上から落ちたりといった心配があります。

受け身をとったり、関節に柔軟性が出てきて体が出来上がってくる3.4年生以降なら転落の際にも低学年ほど大きな怪我にならないかもしれませんが、やっぱり危ない目にはあって欲しくないですね。

高学年になると危険個所が分かってきて安心か?というと「やってみよう、工夫すれば大丈夫だろう」という探求心が出てきて、親から見るとさらに危険な遊びをしていたりします。

一番怖いのがエスカレーターでの事故。クロックスでもエスカレーター事故が取り上げられましたが、紐靴でも事故の危険度は一緒です。いや、紐靴のほうが簡単に脱げない分、危険度が増すかもしれません。

絶対ほどけない靴紐に交換

靴紐がほどけたら、大人ならすぐに結ばないと危ないと分かってすぐに行動しますよね。でも子供って遊びやスポーツに夢中になると気づかない時があります。親や先生など大人が常に見ているわけでもないので、子供一人で遊んでいる時の事故が心配です。

そこで絶対ほどけない靴紐に交換することにしました。ほどけない靴紐は他にも試していて留め具タイプのもののレビューはレースロック靴紐の感想まとめで詳しく紹介しています。読んでみていただいてご自分の用途にあったものかどうか、判断材料になるといいんですが。

キャタピランっていう、そもそも結ばない靴紐

B00PQ6UNAK

今回試したほどけない靴紐はキャタピランです!上の画像の全体的にモコモコしたゴムひもです。このキャタピランを使った靴を拡大してみてください。もこもこしたところが靴の紐の穴に引っかかって止まるようになっています。ゴム紐を引っ張ると紐穴を通すことができます。

エンド処理は結ぶことなくつけっぱなしで終わってますよね?最後の紐穴でしっかり止まっているのでこれで全然解けません。

スポンサードリンク

変な名前と思いましたが、キャタピラ(毛虫芋虫)から由来しているんでしょうね。え?当たり前?普通気づく?

caterpillar1

レースロック靴紐とキャタピランの違い

レースロック靴紐の感想まとめでも書いたように、基本的に素材がゴムなのは一緒です。レースロック靴紐は一本のゴムをエンド部分で止めています。キャタピランは部分部分のひも穴で一箇所ずつ止まっています。この違いは微妙な履き心地に現れているような気がします。

レースロック靴紐は全体的に全部がしまってフィットする感じです。キャタピランはつま先が細い人はきつくすればいいし足の甲が高い人は緩めるなど足の形に合った調整が出来るような気がします。

フィット感 価格 子供向きかどうか 見た目
キャタピラン

B00PQ6UNAK
足の部分部分に応じてフィットする
¥ 807(2016/08/25 22:10時点の価格)評価:5つ星のうち4.5 4.5点 0件

小学3年生以降なら

カジュアルポップ
レースロック靴紐

B00WG0UFES
全体的にピッタリフィットする
¥ 1,499(2016/08/25 22:12時点の価格)評価:5つ星のうち4.5 4.5点 0件
微妙

自分で調整できるなら

スッキリ
アウトドア

ゴムの靴紐はこんな人たちにオススメ

レースロック靴紐がおすすめな人

私が使った感想はレースロック靴紐は1年生から4年生くらいまでの子供には使いづらいんじゃないかな?と思いました。けれど見た目は可愛いしスッキリまとまるし、なにより安いので高学年から中高生にはレースロック靴紐おすすめしますよ。大人でもロードバイクの人とかジョギング、マラソンをやっている人やウォーキングにも使えると思います。登山とかトレーニングジム用の靴には足が遊ぶので危ないです。

キャタピランがおすすめな人

キャタピランの欠点は初めのセットが時間がかかることです。こんな形状の靴ひもの扱いに慣れてないせいだと思いますが、引っ張ったり伸ばしたり左右の長さを調整したり、とにかくめんどくさいです。

まあ、1回大まかにセットしてしまえばいいだけなんですけど、保育園や小学校低学年くらいですぐに靴のサイズが変わってしまうようなら「うわ~、めんどーーーい」ってなるかもしれません。(でもキャタピランを使うと多少大きい靴でもフィットするみたいです。買い替えの状況に合わせてセットするか判断したほうがいいですよ。)

スポンサードリンク

足のサイズアップが半年に一回くらいならキャタピランを使った方が薬です。おすすめなのがブーツを使わなくなる春先にセットして初冬までの約半年間キャタピランを使うサイクルです。サイズアウトする子は靴の買い替えと一緒に紐も付け替えましょう。キャタピランはいっぽんで900円位なのでなるべく長く使いたいですね。家は洗って使ってます、結構丈夫です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする