子宮頸がん検査でクラス2はガンか調べた結果 | いちばん

子宮頸がん検査でクラス2はガンか調べた結果

子宮頸がん検査の結果はクラスⅡでした。クラス2は大丈夫なのか、ここから3になり4と悪化していくのか調べてみました。

スポンサーリンク




子宮頸がん検査のクラスⅡは異常なの?

私はずっと子宮頸がん検査でクラスⅡが出続けていたので思い切って相談してみました。「クラスⅡからⅠへ下がらないんですが異常ですか?」って。医師によると細胞診のクラス分類はさほど問題ではなく、べセスダ分類による細胞診結果での結果を重要視するようです。

婦人検診で知らされる検査結果

病院じゃなくて婦人検診で子宮頸がん検査を受けるとクラスだけの結果が来たりします。

今回の検査では異常は認められませんでした。クラス1

とか、もっと簡単な結果報告の場合は単純に

所見:異常なし

だけだったりします。クラスが書いていない異常なしの場合はクラス1か2でベセスダ分類は正常細胞のみのNILMだけみたいです。

細胞診のクラス分類

クラス1 陰性 正常
クラス2 陰性 炎症があるが正常
クラス3a 疑陽性 軽度から中度の異形成
クラス3b 疑陽性 高度の異形成
クラス4 陽性 上皮内癌
クラス5 陽性 浸透癌

細胞の悪性度を知るベセスダ分類

ガンかどうか1から5のクラス分けをして結果が出ますが、細胞の悪性度を知るためのスケールとしてベセスダ分類というのがありました。細胞の変化の仕方を細かく分類したものみたいですね。

べセスダ分類

NILM クラス1.2 正常細胞のみ
ASC-US クラス2.3a 細胞に変化あり
ASC-H クラス3a.3b 細胞異型の可能性
LSIL クラス3a hpv感染、軽度異形成
HSIL クラス3a.3b.4 中等度異形成、高度異形成、上皮内癌
SCC クラス4.5 扁平上皮癌

私の場合、べセスダ分類はNILMだったのでクラスに関係なく正常細胞のみで問題はないということでした。

ベセスダ分類でNILM以外の結果だったら

もしべセスダ分類でNILM以外の細胞が見つかったら異常細胞があるということなので、コルポ診という子宮の出口を直接観察して診断するようです。さらに必要なら異変のある部分を採取して組織診をして最終判断をするという説明を受けました。

子宮頸がんの検査では子宮口をちょっとこする程度みたいですが、コルポ診はもっと激しくて皮膚をすこし深く取るみたいです。

クラス2から3へ悪化していくのか

一番気になったのがクラス2からクラス3、いずれはクラス4へ悪化していくのか?ということでした。

クラス1だけが正常細胞で、クラス2以降はガン化が始まるのかとビクビクしていたんですが、ベセスダ分類で判断するとクラス2でも正常細胞と判断されるみたいです。医師がクラス分けよりもベセスダ分類を重視する、と言っていたので質問してみました。

クラス2でもベセスダ分類がNILMの人は正常細胞の変化なので、ほとんどの人がクラス1へ戻っていくか、ずっとクラス2のNILMのままで推移していくようです。

NILM以外の分類なら経過観察

NILM以外の細胞が見つかった場合は正常細胞じゃなくなってきているので、その後は経過観察が必要になるようです。ガン以外の感染症が無いかなども検査が必要になることもあるみたいです。NILM以外の結果が出た場合はガン化する細胞になるかもしれないのでその後のフォローをしておいた方が良さそうです。

子宮頸がんの検査をしたらベセスダ分類を聞いておこう

検診だとごく簡単な結果しか来ない場合がありますが、検査した病院ではより詳しい検査結果がカルテに載っていると思います。私の場合もクラスⅡの結果が出た時に検査した病院へ行って再検査を受けました。

その時にクラス2でもNILMだから問題ないという説明を受けて安心しました。クラス分類に怯えるよりもどんな細胞に変化していたか?というベセスダ分類の結果を聞くのが大事だと思いました。

関連コンテンツ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!