[節約]電気料金の自動引き落としを止めてコンビニ払い→2千円バック

スポンサードリンク

毎月かかる電気料金、電気代を節約するのと同時に必要な出費だけど毎月のことだから何かお得な支払い方法がないかと探しています。今現在使っている方法は簡単で「塵も積もれば山となる」方式でいつの間にか節約できています。

スポンサードリンク

電気料金の口座振替、自動引き落としは損なの?

大多数の家庭で電気料金は口座振替になっています。口座振替にも月54円の割引があります。年間で648円割引される計算になります。

北海道、東北、沖縄の人は口座振替しても割引無しでメリットゼロ

しかし北海道電力、東北電力、沖縄電力は口座振替割引自体が存在しません。これらの地域に住んでいる人は口座振替以外の方法をとったほうが長期的に電気代が節約できます。

クレジットカード払いか、nanaco払いがお得


クレジットカードは利用すると還元される額がそれぞれ違います。多くは0.5パーセント還元のものが多いです。たかだか0.5パーセント…変更する手間を考えると大して変わらないならそのままでいい、と考える人もいるでしょう。

月6千円以上電気料金を払っていたら、クレジットカード払いがお得

では、月いくら電気代を払っているとクレジットカード払いのほうが得になるのかのボーダーラインを教えます。ズバリ、6千円です。平均6千円以上の電気料金支払い利用があればクレジットカード払いがお得です。

月5千円以下の電気料金なら口座振替がお得

6千円以下の単身世帯などは口座振替でもクレジットカード払いでも大きな差額はありません。口座振替割引が54円に対して、クレジットカード払いは1パーセント還元のものを使ったとしても10円から50円しかキャッシュバックされません。むしろ口座振替のほうが安いので変更しないようにしましょう。

電気代をクレジットカード払いする時の注意点

  • 月5千円以下なら口座振替にする
  • 還元率が1パーセントのカードで支払う

5千円以下なら口座振替の話はしましたが、もっと大事なのは還元率です。0.5パーセント還元のカードが多いのでよく調べてから自動支払いにしましょう。こういった手続きは面倒なもので一回ちゃんとやらないと、だんだんどうでもよくなってしまいます。下準備が大切です。

おすすめの1パーセント還元カードで、カード利用があったらメールでお知らせしてくれるのは楽天カードです。引き落とし前に口座残高確認のお知らせもしてくれるので痒いところに手が届いく、普段のお買い物に最適なカードです。

スポンサードリンク

転勤が多くて電気料金支払いの変更手続きが面倒な人にnanacoが良い

全国を回る転勤族にとって辞令は突然のもの。2週間後には遠方の他県へ、という場合も少なくありません。転勤族の奥様は引っ越し作業だけでも手一杯なのに一般回線の電話の引っ越しやらネット回線やらガスの中止手続き、住民票の移動などやることがいっぱいです。しょっちゅうの転勤で手続きが面倒な場合、口座振替以外の方法も試してみるといいでしょう。

電気料金の支払いは口座振替でなく、振り込み用紙で払う方法もあります。振込用紙は電気料金の検針の際にポストに投函されます。各電力会社によって振込用紙が違う場合もありますが、振込用紙の裏の支払い可能場所にコンビニエンスストアがあればポイント還元できます。

普通、公共料金支払いにポイントは付きません。Edyやwaonなどの電子マネーで支払ってもポイントは付きません。同じくnanacoにもポイントは付きませんが、クレジットカードチャージをすることでポイントが付きます。

nanacoをチャージするのに一番お得なクレジットカード

チャージするだけで2パーセント還元になるカードがあります。それはリクルートカードプラスです。しかし年会費が2000円ほどかかるので電気料金だけのために使うと、月1万円電気代を使っている家庭だと損も得もしないトントン状態くらいです。月1万円以上使っているならこの2000円の年会費はペイできますね。

そのほかのカードは概ね1パーセント還元がほとんどですが、リクルートカード(プラスじゃない、ただのリクルートカードがある)の還元率が1.2パーセントで、かつ年会費は無料です。そんなに使うか分からない、カード管理が面倒な場合はこちらのカードがいいですね。

他におすすめできるのが楽天カードです。還元率は1パーセントですが、カード利用をメールでお知らせしてくれる機能がなかなか使えます。カード紛失や盗難にいち早く気づけますし、家族の出費も把握できます。楽天カード申込はこちらへどうぞ。


主婦だけどリクルートカードや楽天カードの審査に通るの?

クレジットカードの発行には審査はつきものです。しかしこのリクルートカードと楽天カードの審査は比較的緩く、大きな問題がない人なら誰でも受かります。18歳以上で定収入があるのが条件ですが、主婦の場合は夫に定収入があれば大丈夫です。

さらに受かりやすくするためにはキャッシング枠を最低額にするといいでしょう。

審査に通りやすくて発行が早いクレジットカード

スポンサードリンク

リクルートカードと楽天カードは審査に通りやすいカードと言えるでしょう。しかも申し込んでから1週間から2週間の間には自宅へ届きます。かなりのスピード審査が行われているようです。クレジットカードの審査は利用者募集の時期が一番緩い傾向があるので、いつまでも簡単に発行してくれるかわかりませんので必要ならお早目の発行をおすすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする