[ドライノーズ]鼻が乾燥してカサブタが痛い[症状と予防]免疫力低下

鼻の中が突っ張るような痛みがあって、黄色の鼻くそのようなものがいつも付いているということはありませんか?それってドライノーズかもしれません。ドライノーズとはその名の通り、鼻の中が乾燥することで痛みや傷になる症状をいいます。

ドライノーズの症状

ドライノーズというのは、鼻の中が乾燥する病気です。乾燥しているだけなら病気というほどのことはないので、放置してしまいがちです。しかし放置したままにしておくと、鼻の中に傷ができたり、カサブタができたり、鼻水が出なくなってきます。

鼻の中の傷や鼻水がでないせいで、大きく免疫力が下がります。風邪を始めインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。鼻が乾燥して鼻血が出たり、風邪をひきやすくなっていたらドライノーズになっているかもしれません。下の詳しい症状をチェックしてみてまずは自己診断してみましょう。

スポンサードリンク

鼻の中が絶えずムズムズする

ドライノーズの症状はとにかく鼻の中がムズムズすることです。鼻くそが詰まっている状態を我慢する感じです。しかも鼻くそだと思っているものは粘膜にくっついたかさぶたなのでむやみに手入れしてはがしてしまうと治りが遅くなり、繰り返し発症します。

ずっと鼻くそがたまっている感覚

なので、鼻くそがたまっている感覚をずっと我慢しなければならない、という女子にとっては身だしなみ上許しがたい事を耐え続けなければなりません。しかも鼻を刺激できないので鼻毛処理も甘くなります。

ドライノーズになりやすいのは体質かも

同じ部屋で過ごしていてもドライノーズになってしまう人と、ならない人がいます。花粉症の人はドライノーズになりやすいという話があります。ドライノーズになりやすい人、体質をまとめた記事はドライノーズになりやすい人、体質とは?にまとめています。

鼻をかんでも鼻水は出ない

ドライノーズは鼻の中が常に微妙に引きつって痛みを感じます。少しづつ治ってくると今度は痒みも伴って鼻を指で押して痒みを我慢したり、無性に鼻をかみたくなります。鼻をかんでも鼻水はほとんどでません。鼻水が出たとしても水ぽい流れるような鼻水です。しかし鼻くそみたいなかさぶたをはがしてしまうと一気にどっと鼻水が溢れます。水っぽい鼻水か少し粘りがある鼻水です。この鼻水がまたかさぶたを作って、かゆみとなり、また剥がれるという繰り返しになり中々完治しません。

ドライノーズは慢性化しやすく、繰り返す

またしょっちゅういじっているようになるとかさぶたに血が混じるようになり、何回も傷ができては治りかける箇所が出血しやすくなるため鼻血がでやすくなります。ここまでひどくなると鼻血のかさぶたもいつも剥がれやすくなり「鼻をいじったり、ちょっと当たったりするといつでも鼻血が出せる」状態になります。子供はまだしも、大人はしょっちゅう鼻血が出ると困る事態なので、本当に困ります。ドライノーズに理解が無い人は本当に理解してくれません。

ドライノーズが悪化していくと黄色い鼻水になってくる

dry nose

ドライノーズが長期戦になると、細菌感染やウイルス感染しやすくなるため鼻水が黄色くなりやすくなります。というのも、黄色い鼻水というのは細菌感染をした結果、白血球の死骸が混じっているということだからです。

ドライノーズは免疫力を下げている

鼻は気道からの細菌感染を防ぐ大切な箇所ですが、ドライノーズになることによって防波堤としての役割を十分に果たせずに結果的に免疫力を下げています。

ドライノーズが治る頃は、「忘れた頃に治る」感じです。冗談抜きで忘れる頃まで治りません。ある日気づいたらかさぶたも無いし、痛くもないという過程で治ります。

「忘れる」というのはドライノーズ対策には大切なキーワードです!

2017年2月追記:

保湿に良い化粧水を見つけました。悪化したドライノーズには鼻ぽん、除菌できる化粧水が良いという記事にまとめています。市販薬のドライノーズスプレーにはない、除菌効果があります。風邪をひきたくない、ひいても休めない人は試す価値があると思います。

ドライノーズにはスプレーだけじゃなくてワセリンも良い、というか必要だと思う

濡れ手をそのままにしていると手荒れします。どうしてかというと濡れた手が渇く時に肌の水分も一緒に蒸発して乾いてしまうためです。そんな経験から鼻の中を濡らしっぱなしにしていると乾燥しやすいと考えています。

肌も化粧水+乳液などで保湿するので同じように油分のあるもので水分を閉じ込めると効果的だと思います。

鼻に塗るものなので臭いが自然なもので、粘膜に塗るのでより安全なものを探しました。

それはワセリンです!


追記:ワセリンは万能ではなかったです。→ワセリンを鼻の中に使うと肺炎になる可能性が ワセリンでも効果はありますが、安全で肌への浸透が良かったものは100%未精製アルガンオイル【CODINA】でした。

肌荒れにも効果があるので大ボトルもおすすめですが、(なんせ高いので)キャンペーンページを探しました。↓のバナーからだと1000円台のプチサイズも送料無料になります!



公式サイト100%未精製アルガンオイル【CODINA】に精製の高さなど詳しく載っています。

アルガンオイル

アルガンオイル

↑オイルなんですがパッと見、化粧水みたいに見えますね…。エキストラバージンオリーブオイルみたいな感じです。さら~っと伸びる…そして鼻粘膜に吸収されて自然な保湿になる…。使い心地は確かにベタ付く感じは感じますが、30分くらいで全部吸収されてがサラッとします。エキストラバージンオリーブオイルでも良いと思いますが、ビタミンEがアルガンオイルの方が3倍ほど多いのでアルガンオイルを使ってみました。

ドライノーズ対策にアルガンオイルを持ち歩くと何かと捗る

もともとドライノーズ予防のための保湿としてアルガンオイルを買ったんですが、今では冬のお出かけ時には必ず持ち歩いています。(注:2017年2月にはドライノーズの症状は落ち着いています)ドライノーズはちょっと鼻の中が乾燥したかな?鼻をかんでも鼻水が出ないで鼻血がでるな?というタイミングで保湿しないと徐々に悪化します。そんな時に市販薬でもワセリンでもアルガンオイルでも何でもいいので保湿してください。

2014年からドライノーズになったり、治ったりしているので市販薬からワセリン、各種オイルまで全部使ってみました。アルガンオイルは鼻の中だけじゃなくて、髪の毛が広がったり静電気で爆発した時に使うと落ち着きます。他にも乾燥で顔の皮がめくれたり、化粧が浮いてきたら塗ってみると肌が落ち着いてきますよ。さらに爪付近のささくれとか、ネイルオイル(にはちょっともったいないけどスペシャルケアとして使う?)などにも色々使えます。化粧落としにももちろん使えるので急なお泊りとかにも対応可能!という最強さ…。当然洗顔後にも保湿として使えます。荷物を減らしたいときの万能薬として持っておくといいです。

↑の100%未精製アルガンオイル【CODINA】もお手軽でいいですが

他にも東洋サプリ 【初回限定50%オフ】超高圧熟成アルガンオイルがおすすめです。

ドライノーズ予防に市販薬を持ち歩くと…

市販薬はドライノーズの症状が辛い時にはずっと持ち歩いていますが、治ってくると家に忘れます…。というかドライノーズスプレーとか生理食塩水なのでずっと劣化とかしているような気がします。スプレーって鼻の中に入れるので雑菌が繁殖しているような…。とにかく風邪をひきたくないので、細菌が増えていそうなものは抵抗があります…。もちろん薬品の中には劣化防止に防腐剤が入っていますよ。でも冷蔵庫の中で保存しているならまだしも持ち歩くのはちょっとなぁ…。

ドライノーズ予防にワセリンを持ち歩くと…

ワセリンでもいいんです。ワセリンはハンドクリームとして使えます。リップクリームでも使えます。ワセリンは肺炎の原因になる[ドライノーズ]ワセリンを鼻の中に使うと肺炎になる可能性がと知った今、使い続けるのが怖くなりました。食べたり飲んだりして、変な方に詰まって咳き込んだりしていると、肺に異物が入った時に咳で排出する能力が下がったなぁ、と感じているのでなるべく肺炎リスクは減らしたいです。

アルガンオイルじゃなくてワセリンを試してみたい人におすすめな医療用ワセリンはワセリンHG↓こちらからどうぞ。

最安値でコスパがいいボトルタイプ

こちらはチューブタイプワセリンHGチューブ 60gで衛生的です。

ボトルタイプだと鼻の中に指を入れた後にまだ塗りたいない場合、違う指を使ったりと何かと面倒です。鼻専用としても500円送料無料なので…。薬局に置いてある処と取扱いが無いところがあります。マイナーなんでしょうか。

ドライノーズはいじると悪化する

実際は忘れたふりをしていますが、いじり続けると絶対に悪化させるのでもう忘れる決心をするしかありません。いじっていると片方だけだったはずのドライノーズ症状が進んで両方の鼻の穴にかさぶたができてしまうことがあります。こうなると洗顔するのも痛いし、化粧するときも痛いです。痛いので不十分なお手入れになってしまい、肌荒れを起こし鼻だけでなく顔全体が乾燥してしまいます。顔の乾燥は小じわやほうれい線が濃くなる原因にもなります。

ドライノーズはとにかく気にしない>触らない>保湿!の順番くらいで治しましょう。

2016年3月追記:

保湿したら治るまで待つ、というより「治るまで保湿、治っても予防として保湿」したほうがぶり返さないです。手荒れや唇荒れが目立つうちは鼻の保湿を続けたほうが良いです。

ドライノーズ、保湿したらあとは「治るまで待つ」「気にしない」

鼻の中のかさぶたが気になるものですが、保湿してワセリンまでやると少し落ち着きます。カッサカサだったのが潤うと引っ張られて痛いのも和らぎ、鼻全体がしっとりとして楽になります。

そうするといじりたい気持ちが遠のいていくので「そのまま鼻の中のかさぶたのことは忘れます」

また乾燥しだしてきたら保湿して落ち着いてまた忘れます。もし痒くてつい掻いてしまうと、鼻の中のカサブタがまたはがれて出血したり、粘膜が荒れて悪化します…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!