不正出血があったので子宮体癌検査をした | いちばん

不正出血があったので子宮体癌検査をした

生理開始から10日目で不正出血したので原因を調べるうちに子宮体癌の検査を受けることにしました。

突然の不正出血

なんだかやけにおりものが多いような、サラサラした感覚があると思ってトイレに確認しに行ったんです。生理開始から10日経っていたので排卵が影響しておりものに変化があったのかな、というような軽い気持ちでした。

茶色のおりものが出た

トイレでショーツを確認してちょっとびっくりするくらいの量の茶色いおりものが…。手の平くらいの量がありました。鮮血じゃないので大分時間が経った出血らしいことしか予測できません。

この茶色いおりものの前後に腹痛や生理痛のような痛みは感じませんでした。排卵痛のような痛みも無いし…。

以前にあった不正出血?らしいものを思い出す

半年くらい前にも生理開始後2週間くらいで茶色いおりものが出たことがありました。そのときは排卵痛も感じたし、排卵日くらいの出血だったので排卵の影響で出血したと思っていました。

その後の婦人検診でのエコーでも子宮頸がん検査でも問題なかったので気にかけていませんでした。

スポンサーリンク




不正出血で考えられる病気

不正出血があると可能性がある病気を調べてみました。やっぱり検査をしないとはっきりしないということが分かりました。病気の可能性を調べても不安になるだけかもしれないです。

黄体機能が低下する

ホルモンバランスが乱れたのが原因で不正出血が起きることがあるそうです。

膣炎、子宮頸管がただれる

膣や子宮頸管がただれて不正出血することがあるようです。

子宮筋腫

子宮筋腫があると生理の出血も多くなって、不正出血を起こすこともあるようです。

ポリープがある場合

子宮の中や子宮頸管にポリープが出来ると不正出血が起こることがあるそうです。時々、悪性のポリープがあるようなので検査しないといけないみたいです。

子宮内膜炎

子宮内膜が細菌感染を起こして不正出血が起こるようです。

卵巣、子宮、子宮頸部、膣のガン

子宮やその他の臓器にガンが出来ていると不正出血することがあるようです。

子宮体癌検査って時間が(期間も)かかるの?

子宮体癌の検査自体は子宮頸がん検査と同じように子宮内の組織をちょっととって調べるというもので短時間で済み、検査結果も1週間で分かるようです。

子宮体癌の検査は痛いのか?

出産前に子宮口を開けた時は、それはもう激痛が走って貧血になり倒れました。その記憶があって子宮体癌の検査は億劫に感じていたのです。診察には男性の先生があたってくださったのですが、痛いのが怖いので正直に「子宮口を開くのが痛そうで怖い話」をしました。すると様子を見ながら無理そうだったらエコーで観察する方法で子宮のトラブルが無いか診ていただけることになりました。

で、肝心の痛みは全く感じませんでした。出産前は倒れるほど痛かったのに、やはり子宮口を赤ちゃんが一度でも通ると開きやすいのかもしれません。え?もう子宮口開いたの?というくらい痛くなかったです。

担当の先生は「痛みがあるかも、と言ってくれたのでやりやすかった」とおっしゃっていただきました。痛みの不安があるなら相談するとスムーズかもしれないです。

子宮体癌の検査費用、初診の場合

検査は5520円かかりました。この内訳ですが、200床以上の病院に適応される特別初診料は1000円程度(病院によってまちまちですが、大病院だと5,000円くらいします)検査料が健康保険無しの金額で10000円となっていました。検査には子宮体癌の検査以外に膣エコー、触診が含まれています。さらに画像診断料も1500円くらいかかりました。これに初診でかかったので初診料が3000円くらいかかりました。

子宮まわりの検査なのでエコーや触診は外せないし、今回の検査は必要最低限の検査で、かつ必要十分なものだったと思います。私の場合は1か月前に子宮頸がん検査はすでに終わっていたので今回はやらなかったのですが、もし一緒に検査すればプラス2000円から3000円くらいかかると思います。

今回の私の場合、不正出血があったため保険適用になりました。検診だけで子宮頸がん検査と子宮体癌の検査をすると保険適応外になるかもしれません。

子宮体癌の検査は30代以降ならやってみていいと思う

子宮体癌になる年齢層は30代以降から増えているという話を医師から聞いたので、不正出血があれば子宮体癌の検査をしてみたほうがいいようです。費用は保険適応で5000円、検査自体は10分くらい、検査結果は1週間後、それほど痛くなかったので来年以降も定期的に検査していこうと思います。

関連コンテンツ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!