[東海地震]2047年の未来人ジジイ予言その1[海産物]

ジジイさん予言について関心の多い災害についてこの記事ではまとめています。2015年に2ちゃんねるに現れたジジイさんは2047年に住んでいたようですがある日突然2014年当時の自分に戻っていたというのです。未来人2062さんとよく似た内容を語っています!

2047年未来人ジジイさんのタイムリープ

2047年のジジイさんは70歳だったようです。2014年に来た方法は明晰夢でした。明晰夢でタイムリープする場合、訓練や根気が必要なのが普通のようですがジジイさんの場合は偶然のようにやってきた様子が生々しく描かれます。

4月6日の土曜日だった。これは間違いないんだぜ。4月6日は孫の誕生日だからなwwwwwwww ちな天気は晴れ。
朝五時起床。飯にマーガリンと醤油をかけて食べた。あと野菜ジュースを飲んだ。朝六時から農協前で朝市。うちで獲れた玉ねぎを2カゴ、ターレットに積んで農協に向かった。
農協前で仲間に会って、そのまま談笑。近所に住む職場の同僚とその女房。それと米屋の倅。しばらくして、この米屋の倅にはいくらか貸しがあった事を思い出した。
今取り立てて孫に渡す小遣いにしようと思ったが、倅の奴、持ち合わせが無いと言いやがる。それで、では親父から貰うと言ったら、親父に言うのは上手くないから、代わりに店の青缶5本で手を打ってくれと言い出した。
大方、店の倉庫からくすねて来る算段なのだろうが、丁度、孫をガソリンカーに乗せてやる約束をしていたから、まあ手を打ってやることにした。
農協の帰りに米屋に寄り、ターレットに青缶を積んで10時に帰宅。すぐにポピコンで日曜討論のコンテンツをチェック。
更新されてたのでそのままダウンロード。20分くらいかかりそうなので、その間に風呂に入る事にした。
風呂に入っていると外から、また点けっぱなしにして、と家内が騒ぐ声がする。
消されては不味いと思い、今ダウンロードしてるから、と返すと「ジジイがスピーカーとって何になるの」と呆れられた。100まで生きるつもりなのだから世相に疎くてはいられないというのに。
日曜討論は教育問題だった。今日の出演は文科大臣の濱野と評論家の津田、あと変な料理評論家の女とアメリカ人の学者。アメリカ人は他所よりも自分の国を何とかしろよ、と思った。
それと津田は嫌いだ。私とほぼ同世代の癖にいつまでも若者の代弁者然とした態度が気にくわない。
日曜討論を見終わると、卓にそうめんが出てきた。まだ夏には早いと悪態をついたら、飯を炊くのを忘れたと言いやがった。
まあ、美味かったし、付け合わせのランチョンは好物だったから良しとした。
飯を食った後、眠くなってきたので、昼寝の前にガソリンカーに油を入れてエンジンがかかるか試そうと思った。
夕方には孫が来る。
そうしたらガソリンカーに乗せて町へ行き、イワーノで新しいシクロコースをあつらえてやる予定だった。庭先で青缶を仕立てると少し鼻にツンときて目眩がした。
給油口に入れると、さらにツンときた。米屋の倅、古いの寄越したなと思ったが、どうにも気分が悪く、そのまま縁側から居間に上がり大の字に寝転んで昼寝をする事にした。台所から家内が風邪をひくと騒ぐ声がする。
うるせえやと返事してそのまま寝た。

青缶(2材を混ぜるとガソリンとして使えるもの)とかターレット、ランチョン、シクロコースなど馴染みのない単語がでてきます。ガソリンカーは未来には珍しい乗り物になっているようですね。

またスピーカーは人気の職業らしく、情報発信できる資格者のようです。個人記者のような存在でしょうか?

古い夢を見ていた感じだった。昔住んでいた3LDKの集合住宅の居間で、大の字になって眠っていたのだと思う。
そのままの体勢でハッと目が覚めた。
そのままの姿勢で壁に掛かった、カインズで奮発した壁掛け電波時計を睨んだ。平成26年4月6日 日曜日 17時23分。やけにリアルな夢だと思った。
床に投げ出した右腕の、先の方にある玄関から娘が呼ぶ声がする。孫を連れて来たのかと思い体を起こす。
そこには、中学校の制服を着た、中学生の頃の娘が居た。
ああ夢の中なのだ、と妙に納得して娘に声を掛ける。
おそらく部活からの帰りであろう娘は「今日はママが帰り遅いから私がカレーを作る」と笑う。
それで、なんだか妙に懐かしくて、楽しみになって、いい夢だと思わずにやけた。
カレーを食べ終え、鉄腕ダッシュを見始めた頃、私は、夢から覚めない自分が少し怖く思えて来ていた。
なにしろリアル過ぎる夢だ。カレーは美味かったし、娘が動く度に懐かしいシャンプーの匂いがした。そして何より、カレーを食べた後。
口の周りが、ヒリヒリと少し痛かった。

ジジイさんの語り口が敬語だったり若者言葉だったりで???になりますが、初老から働き盛りに戻った本人が一番混乱しているのかもしれません。なにしろ文章がうまい人で展開や描写にグイグイ引き込まれてしまします。

夜が深くなるにつれ、少しの恐怖は確信に変わっていった。
夜7時に息子が部活から帰宅、そして夜9時を回って、家内が申し訳なさそうに帰宅したところで、私は判断した。
これは夢なんかじゃない。
今は、昔だ。
おそらく不自然な様子だった私を、家内と娘が体調が悪いのではと気遣う。息子は黙っていたが何も言わずに食器を洗い風呂を沸かし始めた。
この頃は貧乏暮らしで、アパート暮らしで、本当に色々大変だったけど幸せだったと思った。でも、それら全てが今は怖くてたまらなかった。
四番目に風呂に入り、湯船に浸かって、明日からの事を必死に考えてみた。
まず仕事。身なり。通勤。同僚、取引先。この当時の職場の様子はどうだったかとか、どんな業務内容だったかとか。
そして、ある程度思い出したところで、もしここが違う世界だったらと不安になった。
風呂から慌ててあがり、仕事用の鞄を逆さにして中身をぶちまけた。手帳、携帯、伝票を閉じたファイル。ノートパソコンに電卓。
全部あの頃のままだった。手帳の中身も、そうだった。
私は覚悟を決めた。

次の日、職場に向かった私を出迎えたのは先代の社長だった。20年前に他界した社長がでかい声でおはようと笑っていた。
特定されると困るから詳しくは書かないが、都内にある小さな問屋だ。法人向けの衛生用品や保安用品、現場で使うヘルメットや安全靴、安全帯等を中心に文具等も取り扱っている。
先代の社長には凄く世話になった。学のない、なんの取り柄もない私を一端の営業マンに育ててくれた。
社長の教えのおかげで、震災も乗りきった。70になった今でさえ、現役で辣腕を振るえる。
色々な思いが込み上げてきて、慌ててトイレに駆け込んで男泣きに泣いた。
書いてたら恥ずかしくなってきたので、続きはまた今度でいい?w

このジジイさんは未来の様子をたくさん書き残してくれており、未来から現代へやってくる描写だけでもこのボリューム!!です。未来の様子も事細かに書き込まれています。

ジジイさん予言、地震の起きる時期

地震が起きる時期について語り渋っていたジジイさんですが急に2018年12月9日だと発言しました。必ず防寒具を用意するように、あとジジイさんがいた過去と違うかもしれないので日頃から注意するよう呼びかけています。

2日前に余震がきて、当日は午前中に余震、その後夕方に揺れ田と発言しています。

ジジイさん予言、震源地、東海地震、静岡と三重

地震で被害が大きかった地域は東海地方全域で静岡と三重の被害が大きかったようです。田の浦と清水の倉庫は倒壊して全滅していたようです。

この地震は南海トラフ地震とは呼ばれなかったようです。しかしこのあたりから報道がおかしくなっていたようなので正確な情報が無かった可能性があります。

熊谷は大丈夫、太平洋セメントあたりはのちに発展するらしいです。横浜も大丈夫で復興も早かったようです。

八王子、大阪も大したことなかったようですが、和歌山の紀伊半島の東側での被害が大きかったようです。

ジジイさん予言、被害者数、報道の乱れ

報道された情報によると東日本大震災ほどの被害はなく、1000人とも2000人ともいわれていたようですが、「オリンピックを強行したい政府が被害者を少なく発表している」とか「不労就労の外国人被害者を数えていい」などばかりが熱心に報道されていてはっきりしていないようです。

ジジイさん予言、地震の規模、原発

地震の規模はマグニチュード8.5で原発等の事故はなかったようです。揺れ方は激しいものではなかったようですが、強く長く何度もゆれたようです。そのため瞬間的な激しい揺れを想定した耐震構造は全く役に立たなかったようです。

ジジイさん本人のご自宅も壁にひびが入り、構造材の継ぎ目が破損して埼玉へ引っ越すことになったようです。都内の建物は同じように構造的に弱くなったものが多くなったようですが、皆金銭的な問題などでそのまま住み続けている人もいるようです。ジジイさんの埼玉の新居も政府が斡旋したものですが最終的に設備等(ソーラーと蓄電池ポート)に450万ほどかかっています。

この地震で富士山の噴火はなかったようです。

震災後の様子、

首都圏のライフラインは3日程で復旧したようですが、ガソリン等燃料は3か月ほどは入手困難になるようです。新幹線は早く復旧したようですが、東海道線、東名の由比から清水、国道1号、150号はしばらく通れなかったようです。

震災後、ディズニーリゾートは一か月休園したようで、USJはずっと開園していたようです。このことから大阪方面より東京方面の方が被害が大きかった可能性があります。

ジジイさん予言、地震へ備えるアドバイス

防寒具は必ず用意し、夕食準備をしていたなら火の元をしっかり止めること、水を汲む道具と自転車があると良いらしいです。あと、箪笥の上などから落ちてきたもので怪我をした人が多かったようなのでヘルメットがあれば役立つそうです。

家具を固定することも大事です。

自動車のガソリンは満タンを心掛けて、灯油はたくさん買っておきましょう。さらに反射式ストーブがあると良いそうです。↓インテリアとして人気のアラジン ブルーフレームヒーター グリーン BF3911-Gはシンプル構造で頑丈なので20年くらいは余裕で使えます。おススメ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク




error: Content is protected !!