[キアヌリーブス]やりたいことをやったほうが良い

スポンサードリンク

太ったり、孤独な?休日を過ごしたり、その不幸な生い立ちだったり、で私の関心を引きまくるキアヌリーブスさん。キアヌリーブスの壮絶な人生と6つの格言という記事で思うことがあったのでまとめました。

スポンサードリンク

キアヌリーブスの不幸な生い立ち

読むのが面倒な人はyoutubeでどうぞ。(といっても読みあげじゃないので結局読むことに)

ほとんどの人は私のことを知っていますが、私の人生については知りません。
私が3歳の時、私の父親が家を出て行くのを見ました。
高校は4つの違う学校に通いましたが、失読症のためにほとんどの他の人たちよりももっと教育を受けるのが難しくて苦労しました。
23歳の時、一番仲のよかった親友のリバー・フェニックスが麻薬のオーバードースで死んでしまいました。

キアヌリーブスの父親は地質学者でキアヌが3歳の時にいなくなったようです。母親はショーガールで56人もの男性と関係がありました。そのために父親はひっきりなしに変わっていったようです。同じように転校も繰り返していました。

初めの挫折はオリンピック選手への夢でした。キアヌリーブスにはアイスホッケーの才能がありましたがケガによって諦めざるを得なかったのです。

学業についても失読症で相当苦労しました。俳優になるために高校を卒業することなく世間へ飛び出します。

少年期のキアヌリーブスは本当に恵まれない子、という感じの生活環境です。勉強ができなかったようなのでアイスホッケーにはかなりのめり込んでいたと考えられますが、(事実、投票で最優秀選手に選出されている)自身のケガでホッケーへの道が絶たれたときの心境を思うといたたまれません。

ホッケー選手になれない、勉強ができない、身を寄せる家庭もない、という状況では将来に希望がなかっただろうと思われます。そんな中、活路を見出したのは俳優への道でしたが…。

キアヌリーブスの素行などのまとめ動画

キアヌリーブスの大事な人に不幸が続く

1998年にはジェニファー・サイムと出会い、お互いに一目で恋に落ちました。1999年にジェニファーが女の子を妊娠しました。しかし悲しいことに、8ヵ月後には私たちの子供は死産となりました。彼女の死で私たちはあまりにもひどく落胆し、これが原因で最終的には私たちの関係は終わってしまいました。それから18ヵ月後、ジェニファーは交通事故で亡くなりました。
その後は真剣な交際や子供を持つことを避けるようになりました。
私の妹は白血病でしたが、今は治っています。マトリックスの映画から得た収入の70%を白血病患者を扱う病院に募金しました。
ハリウッドのスターの中でも豪邸に住んでいないのは私くらいなものでしょう。ボディガードもいませんし、高級な服も着ていません。

キアヌリーブスの親友、リヴァーフェニックスは薬物のオーバードーズで亡くなり、恋人のジェニファーは死産後に事故死、妹は白血病…。

それまでの不幸な生い立ちを振り切るように、自分が切り開いた輝かしくなるはずの20代は大事な人達の不幸が続くことで一気に影を落としています。

私は1億ドル相当のスターだそうですが、今でも地下鉄に乗っていますし、大好きなんですよ!
結局は、どんな悲惨な状況の中でも素晴らしい人は力強く生きることができる、ということには誰もが同感できることかと思います。
あなたの人生で何が起きていようとも、あなたはそれを乗り越えることができます!
人生は生きる価値のあるものです。

キアヌリーブスにとって価値があると考えるもの

ここまでの内容を読んで、大スターの不幸な生い立ちで今は幸せにくらしているんだよ、というような安っぽいことを書きたかったわけではありません。実際にスターでなくても相当の苦労をしている人はいますし、そういった人のほうが恵まれた人よりたくさんいるはずです。

私の友人の母親は、一生を通して健康的なものを食べてきました。アルコールや「体に悪い」食べ物は決して口にせず、毎日運動をし、体は非常に柔軟で、とても活動的で、医師が薦めるサプリメントは全部摂り、太陽に当たる時は必ず日焼け止めを塗り、また日光に当たる場合も可能な限り短時間で済ませていました。
つまり誰もが考えうる限り最大限で健康に留意していたのです。
彼女は今76歳で皮膚ガンと骨髄のガンになり、非常に深刻な骨粗しょう症になっています。
その一方、私の友人の父親は大量のベーコン、バター、脂肪を食べ、運動など本当に一切したことなく、夏になるたびに真っ赤になるまで日焼けするなど、他人の指図には耳を貸さずに人生を最大限に生きるような生き方をしたわけです。
彼は81歳で、医師曰く、彼の健康状態は若者レベルだと言います。
毒からは完全に逃れることは出来ません。毒はあちこちにあり、あなたを見逃さないでしょう。まだ生きている私の友人の母親は「私の人生がこんな風に終わるのなら、したらいけないと言われていたこと全部をやって、人生をもっと楽しむ生き方を選んでいたのに!」と言っていました。
この世を出る時に生きたままの人はいませんから、どうかあなた自身を真剣に考えすぎた上で扱うのは止めてください。おいしい物を食べましょう。太陽の下を歩きましょう。海に飛び込みましょう。
あなたは自分の心を隠された宝物のように運んでいる、というのが真実です。
馬鹿げたことをやりましょう。優しく生きましょう。人生にはその他のために使う時間なんてないのですから。

このキアヌリーブスの発言の中で「あなたは自分の心を隠された宝物のように運んでいる」という部分にハッとさせられました。

スポンサードリンク

キアヌリーブス自身はその経験から貧乏の苦労や病苦、死別の苦しみ、両親からの無関心、自己否定などあらゆる苦労があったはずです。それらを経た後でもこんな発言ができるのは、自分がいくら傷ついても必ず立ち直ることができるということです。立ち向かう覚悟や乗り越える勇気があるということでもあるのでしょう。

というより、「毒からは完全に逃れられない」ことから不幸をいくら回避しようとしても無理で、そんなことに真剣に集中するよりは自分の心の向くままに過ごすことの価値を感じてほしいのだと思います。

マトリックスのメイキングか何かで見たときの映画関係者のインタビューだったと思うのですが、「キアヌリーブスはいい意味で賢そうに見えない」という発言がありました。どういうことなんだろうと長年ひっかかっていましたがキアヌリーブス自身が「フラットな状態」ということなのかも、と思うようになりました。

色んな知識がある人に限ったことではないのですが、顔に知性というか何か含みが現れてきますよね。自尊心や自信がまばたきやあごの使い方、口の閉まり方に滲んでくるものです。

キアヌリーブスは不思議と嫌味がない顔というか、無垢な顔をしていると思います。映画「リトルブッダ」リトル・ブッダ HDマスター [DVD]のシッダールタ役なんかははまり役だったと思います。何色にも染まる、水みたいな透明感があってリトルブッダ自体は余り宗教ぽくない軽めの内容ですがキアヌリーブスの美しさを観るためだけでも価値があります。まだごつくない体でしなやかさがあり、若さがあり、HDバージョンも出ているようなので見直してみようかと思います。

リトルブッダでの苦行の一場面(英語のみ)

今を生きる大切さをキアヌリーブスに学ぶ

私の後ろのこの人たちが見えますか?みんな仕事に行こうと急いでいて、周りには何も注意を払っていません。
私たちは毎日の生活に捉われすぎるあまり、人生の中の美しさに目をやることを忘れてしまっています。
ゾンビのように生きているのです。上を見上げてヘッドホンを取り外してください。目が会った人に挨拶をしたり、辛そうに見える人にハグをしてあげてみるのもいいかもしれません。誰かを助けるのです。
毎日を人生で最期の日であるかのように生きてください。数年前、私はうつになっていましたが、決して他の誰にも言わなかったのでこのことは誰も知らず、うつから自分で脱出する方法を見つけなければなりませんでした。
私が幸せになるのを妨げていたのは、私自身でした。
一日、一日が貴重ですから、毎日を貴重な日として生きましょう。明日がある保証などないのですから、今日を生きましょう!

アリとキリギリスの逸話を学んできた私たちは金利がどうとか、将来設計とか、子供の長期的な教育とか、とても長いスパンで人生を生きています。将来のために今これをすべき、目標のためにこれを選ぶべき、ということばかりにとらわれてい過ぎます。

皆、今よりも快適な生活、幸せだと思える環境を目指して努力しているわけですが、どんなに努力しても逃げようとしても不幸は忍び寄ることがあります。そのことをキアヌリーブスは経験から知っています。

将来の幸せのために生きると同時に、今を楽しむことの大切さとその価値に気づく必要があるのです。実は一番若いのは今で、晴れていて暇で家族と過ごせるのは今だけかもしれないからです。また子供が一緒に遊んでくれる時期は限られています。

スポンサードリンク

いちばん大切にするべきなのは、「あなたの感覚」です。あなたがやってみたいと感じたことには何か意味があるのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする