亀田製菓のこつぶっこ、グリンピースが入っていない[2003年にリニューアル]

久しぶりにこつぶっこを食べたら、底まで食べても例の豆がでてきません。子供に「豆は?食べちゃった?」と聞いても「はじめからない、元々入っていない」と証言。これが本当かどうか確かめるべく、調べると驚愕の?事実がわかりました。

スポンサーリンク




昔のこつぶっこはどんなものだったのか?

こつぶっこ、最後の底まで食べたけどグリーン豆が無い…。

kotubu2.png

子供の頃に食べたこつぶっこは、今と同じような小袋に入っていました。サイズも同じだったような…。で、現行商品と同じ形のあのアラレが入っていました。アラレの大きさはあの大きさと同じでしたが、味はもっと鬼アラレみたいな感じだったような…?

子供だったからアラレがちょっとしょっぱく感じたのかもしれませんが、今のこつぶっこは甘いですね。一番の違いはグリーン豆が入っていないことです。一袋に3.4粒くらいしか入っていませんでしたが、確かに入っていました。

昔のこつぶっこを食べたことがない人向けにグリーン豆って何か教える

B01LXFFF2S

グリーン豆って、きれいな緑色の固い豆です。原料はグリーンピースだったと思います。大きさは小指の先くらい、ピーナツと同じくらいです。味はしょっぱい、カリッととしてる。こつぶっこのアラレが甘辛系なのでしょっぱい豆がすごくおいしい。

書いていると、昔のこつぶっこが無性に恋しくなりました。まぁ、美化されているのでしょう。

「こつぶっこのグリーン豆」は「キャラメルコーンの皮つきピーナツ」と同じポジションなんですよね。無いものを補い合う夫婦みたいな、悪役と主役とか、いじめる継母とシンデレラとか、そういうアクセントなんです。

東ハト でっかい! キャラメルコーン 110g×10袋はキャラメルコーンがでっかくなったら、ピーナッツも大きなサイズが入っているのにね…。

2017年に市販されているこつぶっこ

ファミリーパック仕様みたいなパッケージの物を買いました。4袋入りで150円くらいでした。表面に「ミルクパウダー配合」って書いてあります。ミルクパウダー…?昔は入ってなかったよね?

子供キャラクターのイラストは変わってない…はず。こんな顔してたと思います。だいだい色?濃いオレンジ基調の色合いも当時のまま…。でもリニューアルしているはずだから、デザインも多少変わっているだろう、と思い亀田製菓HPを探しに行きましたが詳細分からず。

2017年に売られているこつぶっこ、なんか量が少なくない?ちょっと食べたら、すぐなくなる。こつぶっこって、結構腹持ちするほど満足したような気がしたけど内容量が減っているのか、私の食べる量が増えて物足りないのか?

2003年に大幅リニューアルしたこつぶっこ

内容量が減ったのか調べてみると、2003年5月にリニューアルしていたことがわかりました。それまでは大袋に4袋の小袋、という仕様だったようです。このリニューアルで大袋に6袋の小袋になったいきさつがありました。

なるほど、一袋に入っている内容量が減ったのは4袋→6袋になったためなんですね。その時、グループアンケートで感想を取ったようなんです。今まで箸休めとしてグリーン豆をいれていたが、飽きる前に食べ終わる量になったのでグリーン豆が必要なくなった…。

さらに幼児のこんにゃくゼリーとかの誤飲事故などに神経質になり始めたころが、2003年頃です。グリーン豆も幼児が喉につかえたりする可能性があるという意見があったようです。

確かに幼児向けの4連パックになって売っています。誤飲のほかに、豆を鼻の穴に詰めちゃう子がいるらしいからなぁ。

2003年のリニューアルで以前のこつぶっことは違ったものになってしまったようです。と言っても、こつぶっこ自体の味は変わらず美味しいですが、寂しさを感じますね。

昔のこつぶっこを再現した猛者現る

調べていくと、昔のこつぶっこを食べたくなる人が結構いるようで亀田製菓に訴えを起こしている人もいるかもしれません。

昔のこつぶっこを懐かしんでも仕方がない…そんな現状を打破して昔のこつぶっこを再現した人をTwitterで見つけました!

これね、やってみるとわかる「コレジャナイ感」を感じます。カリッとさが違うのか、味が一体化していないのか、こつぶっこの味が変わってしまったからグリーン豆が生きてこないのか…。なんだかもう、初恋の味みたいに美化されつつあります…。

こうやって騒いでいたら亀田製菓さんが復刻版を出してくれるかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!