薬の飲み方

薬の飲み方で効果が変わってしまう、体への負担が変わってくる、子供が薬を上手く飲めない、薬を飲むには冷水じゃなくて常温水?大きな薬を割って飲みやすくする、むせてしまう粉薬を飲みやすくする方法…

そんなくすりにまつわる疑問をまとめました。

スポンサーリンク




薬の基本的な飲み方

食前 食事前の30分~1時間以内
食後 食後の30分以内
食間 食事と食事の中間。朝食が7時で昼食が12時なら9時半から10時位に薬を飲む。
寝る前 就寝の30分~1時間前
頓服 症状が現れたら飲む。痛みが出た時など。

薬を飲み忘れたら、効果が下がる?血中濃度を一定にすることが大切

寝込んでいる時などは就寝時間や起床時間が不規則になりがちで、食欲もないことから決まった時間に薬を飲むことが難しい場合があります。

1日3回服用する薬ならば1回目を飲んでから次の服用まで4時間ほど間を開けて飲みましょう。薬は飲んでから1時間から2時間ほどで薬の効果が最大になります。

薬が効くためには血中濃度がある程度一定になっている必要があります。薬の効果がピークを迎えてから徐々に血中濃度が下がっていき、薬の効果が薄れてきた頃に次の服用時間になるように計算されています。

抗ウイルス剤などはウイルスを抑える薬なので服用時間をまちまちにして飲むと薬で抑え込んでいるウイルスが、服用を忘れることで増殖したりすることも考えられます。

寝込んでいて服用時間が開いてしまった時はその後の服用時間が一定になるように調整することで薬の効果を高められます。しかし多くの薬がある中で、特に抗がん剤などを使っている時は自己判断ではなく薬剤師に相談することはとても大切です。

薬は白湯で飲む?冷たい水は?お湯ではだめなの?

結論から言えば薬を飲むためには常温の水、湯冷まし、白湯が最適です。

hot water

夏場などは冷たい水で薬を飲みたくなりますが、冷たい水は薬の溶けを悪くしてしまい効果が現れるのに時間がかかったり、胃を荒らしてしまうような強い薬の場合は吸収するための時間が長くなるために胃への影響も考えられます。

また冷たい水は体を冷やすことになり、病気そのものの治りへの影響も見落とせません。

お湯だったら良いか?といえば薬が変質してしまうことがあるので避けた方がいいでしょう。水よりはお湯のほうが薬の吸収が早まり、効果が現れるのば早くなります。しかし熱すぎるお湯ではかえって薬の効果を落とすことがあります。

消炎酵素剤などのタンパク質でできている薬(アクディーム,イルザイム,エリチーム,塩化リゾチーム,エンピナース・P,ガスチーム,キモタブ,キモタブS,ケジフェン,シマターゼなど)は熱いお湯で分解してしまうことがあります。

よく使われる薬としては副鼻腔炎で使われている塩化リゾチームがあります。薬の効果を最大にするために熱すぎるお湯でなく、ぬるま湯を使いましょう。

薬を飲むためのぬるま湯の量はコップ一杯200cc

cup

チュアブル錠といって水分無しで飲める薬があります。(乗り物の酔い止めや幼児向けの薬、吐き気止めや下痢止めなど)このような薬は水分無しで飲んでも問題が起きないように作られています。

水分無しで薬が飲める人、がいらっしゃいます。小さな薬ひとつに大げさと考える人やトイレが近くなるのを避けてほんの少しの水分で飲む人などそれぞれ事情が違っていますが、これも薬の効果を下げることがあります。薬は水分が無いと溶けないため、吸収が不完全なまま体の外へ出てしまうことがあります。

さらに怖いのは水なしで飲んだ薬が食道や喉の奥へ引っかかり張り付いてしまうことです。張り付いて溶けだした薬は唾をのむ位では流れて行きません。

強い成分の薬だと食道などに炎症を起こすこともあります。薬によっては飲んでからすぐに横になることを禁止しているものもあるほどです。胃炎や食道炎を起こしてしまうと栄養状態が悪化することになるのでもともとの病気の治りも遅れてしまいます。

薬を飲むのに最適な水分の量はコップ1杯です。500mlのペットボトルだと三分の一から半分位飲むと薬の溶けが良く吸収されやすくなります。薬を飲む必要がある時は常温の水ペットボトルを持ち歩き、胃炎を起こさないようにしましょう。

薬を飲む時、「アレ」で飲むと飲み合わせが悪くなり副作用も!

薬を飲むための水分はなんでも良いというわけではないようです。薬の香りや味が苦手でごまかしながら飲む人はまだまだ多く、思わぬ作用が起きることがあります。

子供は薬を飲むのが苦手なことが多いですが、ジュースなどで飲ませるよりも糖衣錠やシロップなど飲みやすいものを選んだり、オブラートなどを使うなど薬の効果を妨げない工夫を考えましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!