アラサーの私が自分より若い女子より結婚相手に選ばられる演出方法

男性が結婚相手に求めるもの、それは男性個人個人で違いがありますがいざ結婚となると最重要視されるのが年齢です。やはりより若い女性の方が結婚相手として選ばれる可能性は高くなります。でもアラサーの良いところを演出することで若い女子に差をつけることだって不可能ではありません。

スポンサーリンク




アラサー女子に求められる魅力

自分より若い女子に差をつけるには、アラサーならではの魅力を演出する必要があります。アラサーである自分がいくら若い女子と同じことをしても絶対に若い女子に勝つことはできません。むしろ年齢不相応で相手にされないかもしれないです。そのためにはどんなことがアラサー女子に求められているのか市場調査してみましょう。 あなたが結婚したいタイプの人たちはどんな女性が好みなのか知りましょう。その人達の好みに合わせることであなたに対して価値が生まれます。その価値こそが20代女子にはできないアラサー女子の魅力です。

高学歴高収入メンズが求める女性像

このタイプのメンズは家柄が良かったり、ものすごく向上心が強い人だったりします。家柄が良い場合は相手の女性にも同等の家柄を求めるので、このタイプの男性と結婚したい場合は家柄の対策も必要です。相手の男性と上手くいったけれど結局家柄が合わなくて破局になるというケースも少なくありません。アラサーで時間が残されていないと感じているなら、のぞみのない相手との時間を過ごさないようにしっかり調査した方がいいです。

ガテン系メンズが求める女性像

ガテン系メンズは 夏と冬とでは仕事内容が変わったり、仕事の現場がちょくちょく変更したりします。仕事着の洗濯も自宅できっちりやる必要もあります。 また体が資本なのできちんとした食事にも関心が高いです。 そんなガテン系メンズが理想とする女性像は「自分をしっかりフォローしてくれる女性」そんな人を求めています。栄養管理が得意だったり、洗濯が上手だったり、いわばお母さん的な女性が理想に近い女性です。

It 系メンズが求める女性像

it 系の会社というのはとにかく拘束時間が長くなりがちです。そんなメンズにとって悩みの種は「家庭と仕事の両立ができるか」という問題です。いざ家庭を持っても、妻に寂しい思いをさせたり、家事魚やる時間が持てなくて喧嘩になるのではないかという恐れがあります。「結婚なんて面倒だからしない」と言っている理由はこのような家庭に対する不安からきています。

このような it 系メンズが結婚をしたいと思う女性は、「自分を理解してくれる人」デス。自分の人間性を理解してもらえるのをもちろんのこと、自分が置かれている環境や、仕事に追われているという辛さ全てを受け止めてくれる女性を求めています。

派遣社員系メンズが求める女性像

派遣社員型メンズは、何か他に夢を持っていたり転職願望があったりします。何か夢は持っているメンズは将来その夢を叶えるために行動したり実際に叶って大物になるかもしれません。夢は持っている派遣社員系メンズが求める女性像は、「夢を後押ししてくれる女性」デス。夢を叶えようと考えているうちは結婚のことは考えられないメンズが多いです。家庭が二の次になるのは目に見えていますからね。けれど彼の夢が叶うことを応援してくれる女性だったら夢を追うメンズの心も解されていくはず。

転職願望がある派遣社員系メンズが求める女性像は「一緒に頑張ってくれる女性」デス。転職願望があるのは、今よりももっと自分に合った職場を探していたり、さらなる高収入を狙っています。こういうタイプの彼は今の生活に満足していません。理想とする女性にも「 さらにより良い生活」をするために共働きや女性でもちいのある職に就くことを要求してくることがあります。

アラサー女子に求められる女性的魅力は

marriage

30代、40代の男性に包容力や経済力を求める女性心理と同じように、アラサー女子に求められる女性的魅力というものがあります。つまり30代の女性にあってしかるべき魅力として、男性が無意識に求めているのです。

ある程度の経済力

男性並みにバリバリと働いていて、男性並みの給料がある…なんてそこまでの経済力は求められていませんが、自分一人でも生きていけるくらいの自活力があるとアラサー女子として合格です。 20代前半でパートアルバイト、と言ってもまだ若いのでなんとでもなるよねと受け止められますが、不安定な職に就いていると「生活力がない」「将来のことを考えていない」と受け止められてしまい結果、「家庭を任せられない」を判断されてしまいます。 給料は安くても、安定した職場や自分だけの技術を持っているとポイントが高くなります。

でしゃばりすぎない空気を読む力

アラサー女子が空気を読めないと、その瞬間に結婚相手候補からは外れてしまいます。 アラサー女子は嫁として即戦力を求められるので、彼の母親や親戚に見せても恥ずかしくない人間性が求められます。いくら仕事ができるアラサー女子でも、彼の母親の前で彼を立てなかったら嫁として不合格になってしまいます。 彼の母親からしてみたら「 彼にダメ出しし続けるほど世間慣れした嫁」より「まだ初心で彼についてくる若い女性」の方が嫁としてはポイントは高くなってしまうのです。

ある程度の知的さ

アラサーになるとある程度の頭の良さが求められます。学歴という意味ではなく地頭の良さが求められるのです。もちろん一般教養がなければ地頭もないと判断されてしまうので、普通に使う常用漢字や基本的な英会話、買い物や保険の計算に役立つ算数ぐらいの教養を身につけておかないといけません。つまり生活に必要なスキルを自分で判断して獲得している、そんな頭の良さを求められるのです。

恥ずかしくない身だしなみと振る舞い

アラサー女子になると言葉使いや身のこなしにまで周囲の人は評価を下しています。30にもなって妙な言葉遣いをしているだけで結婚相手候補からは外されてしまいます。そして姿勢の悪さは嫌でもカレーを感じさせてしまうので、猫背だったりすれば若い女子に負けてしまいます。また猫背などの姿勢の悪さは「自信のなさ」も一緒に表現してしまうので、歳だけとったけれど何も身についていない女性としてイメージが定着してしまうリスクもあります。

自分の価値を市場調査してみる

現実に目の前にいる人に「結婚相手としての評価」率直にしてくれる人はいません。結婚相手を探している年代のメンズたちは、目の前にいる相手には「失礼になるので事実を覆い隠して断る」という方法をとっています。 もし中の彼に相手にされないとか、なかなかモテない、結婚相手として見てもらえない、そんな悩みを抱えていたならあなたにいとこが結婚相手として足りないポイントがあるはずです。その理由は周囲の男性たちは決して教えてくれません。

一番正直に「あなたの足りないポイント」を知ることができるのは「出会いの場」家「結婚相談所」デス。このような場所は結婚相手を純粋に探しに来ているメンズがいます。つまり条件だけで結婚相手にふさわしくなかったらあってももらえないのです。そして実際にあっても、一言二言話しただけであなたの人間性を判断しています。出会いの場8結婚相談所のいいところは、「あなたの結婚相手としての問題点」 浮き彫りにしてくれるところです。

現実では出会えないような多くの人たちと話すことで「あなたに足りないポイント」が見えてきます。結婚相談所や出会いの場には結婚相手を探しに行く以外に自分を磨くために行くと、なぜかリアルにモテ始めるというのはそういった理由からです。

女性が安心して出会えるサービスというのは限られているのでここで紹介しておきます。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!