脚のむくみ、意外な習慣からこんな人はむくみやすい!

足が夕方になるとむくみます。

足といってもふくらはぎあたりまでで太ももまでは浮腫んでいません。どのくらい浮腫んでいるかというとしゃがむと足の皮膚が引っ張られて痛い、膝が曲がり切らない感じでしっかりしゃがめないほど浮腫みます。
自然にほっといても一晩眠るとほぼむくみは解消しています。眠ることで浮腫みが治ってしまうので大して気にもしていませんでしたが、夏になりむくみ脚ではスカートが履けなくなったので浮腫みを解消するべく、この「むくみ」についてまとめることにします。

スポンサーリンク




足が浮腫んでいるのかチェックする方法

一番簡単に浮腫みを調べる方法はすねの内側を指で押してみます。凹んだ跡が残ったら浮腫んでいるしるしです。
こんなにはっきりと浮腫んでいることのほうが少ない人もいます。その場合は何となく足が太くなっているように見える時は浮腫んでいるかもしれません。

  • 足の浮腫みの特徴は皮膚が凸凹しているように見える

ところどころ浮腫んで血流が乱れていると、圧力がかかった部分だけ凹んだままになり全体的にでこぼこに見えます。

  • 肌の質感がブヨブヨしているように感じる

ハリが感じられない、パンパンしているけれど触った感じがブヨついています。

  • 足のラインが不自然で、しまりがない

足の太い人であっても足のラインは筋肉に沿って美しいラインを描いています。浮腫みが起きていると筋肉に沿ったラインにならず水分が停滞しているラインになります。全体的にダボついている印象の足です。

  • 靴下の跡がくっきり残る

むくみの定番の症状です!

  • 靴がきつくなる

くるぶしからつま先までの間も浮腫んでいる証拠です。

基本的に浮腫みやすい人、体質を持っている人は?

LEG

女性で、生理前後や妊娠中は女性ホルモンの影響で浮腫みやすい

女性は女性ホルモンの働きによって水分を貯めやすい時期があります

排卵日から生理開始前までが黄体ホルモンの影響で浮腫みやすい時期です。
妊娠中はずっと黄体ホルモンの影響下にあるため出産までは水分を貯めこみやすく浮腫みやすいのです。

高齢になるにつれて浮腫みやすい体質になる

年齢を重ねていくと腎臓の再吸収力が落ちてきて水分を処理できるキャパシティが減っていきます。心臓も他の世代に比べると弱ってくるため血液を全身へ送り出す力自体も落ちてきます。

特に疲れを感じるような運動量、作業量をこなすときに心臓など臓器の力が追い付かず体の老廃物を回収しきれないため浮腫みとなって現れます。

運動不足は浮腫みやすい環境を作っている

運動不足の時、体の中での血流も動きが少なくなっています。普通、運動することで心臓に負担がかかり心拍数が上がります。心拍数が上がることで血液を押し出す力も強まるため血行が良くなります。

血行が良くなり、筋肉が運動することでリンパ液の流れも良くなります。
リンパ液自体は血液のような流れはありませんが、筋肉が伸びたり縮んだりする動きとリンパ管のすぐ近くにある血管の流れがリンパ液の流れも活発にします。

運動しなければリンパ管の動きも弱まるため、運動せずに長時間同じ姿勢でいるとリンパ液が滞って浮腫んでくるのです。

浮腫みが起きる原因を知って予防する

浮腫みは血液の循環が悪い状態で、老廃物が処理しきれずに溜まっていくことで起こります。血液は体中に酸素と栄養を届けると同時に体中の老廃物を回収する役割があります。老廃物はリンパ液に乗ってリンパ管を通り、最終的には静脈に戻り腎臓、肝臓でろ過され循環しています。
リンパ液の流れは血液の流れよりももっとずっと遅いスピードで流れています。このリンパ液の流れが滞ると浮腫みとなって症状に現れます。

浮腫みやすい生活習慣を自己チェックしよう

  • コルセット、ボディスーツ、矯正下着など締め付ける下着を常用している
    締め付ける下着はリンパ管の流れを滞らせる要因となり、むくみの原因になります。補正下着を付けた日はマッサージを取り入れるなど工夫が必要です。

  • 運動不足である
    運動不足はリンパ液の流れを促す力が足りないため浮腫みやすくなります。

  • 長時間立ちっぱなし、座りっぱなし、など同じ姿勢でいることが多い
    立ちっぱなしでも、座りっぱなしでも同じ姿勢でいることは同じです。同じ姿勢を撮り続けることで血流が滞り浮腫みやすくなります。姿勢を意識的に変えるようにしましょう。

  • 塩分過多、しょっぱいのが好き
    塩分は体に水分を貯めこむ助けをします。現代人は無意識に塩分を取りすぎている傾向があるので、意識して塩分コントロールをしましょう。パンや麺類は案外塩分量が多いので毎食これらを取り入れるとトータルで塩分過多になります。

  • 足を組んで座る癖がある、足を組みっぱなしでいる
    足を組む癖はある一部分に圧力がかかる状態を作っています。一部に力がかかることで血流に影響が出るため浮腫みやすい環境を作ってしまうことになります。

  • ストレスフルな生活も浮腫みやすい、さらに便秘にもなりやすい

血液の流れは自律神経の働きによってコントロールされています。自律神経は交感神経と副交感神経の二つの神経系からなりたっており、交感神経が優位な時は緊張し活動的になります。

一方副交感神経が優位な時はリラックスしていて休息状態になります。この緊張とリラックスを繰り返すことで血液やリンパ液を循環させています。

ストレスが耐えられる以上に加わると交感神経だけが優位になり続けます。つまり常に緊張した状態が続き血管は収縮したままなので血行不良が起きるのです。このように副交感神経がうまく働かないと浮腫みだけでなく便秘にもなりやすくなります。

便意はリラックスした状態でないと起きないので浮腫みが起きていて便秘の人は、抱えきれる以上のストレスが無いかチェックしてみてください。


約1年後、追記しました。

ママ友、職場での浮腫み対策を聞いた

この記事を書いた後、浮腫み対策で、着圧ソックスとかマッサージなどを取り入れていたんです。リンパの不純物をマッサージで押し出したり、ソックスの圧力で流すイメージで。とにかく体の外側からの働きかけに偏っていました。

そのうち、自分の周囲のママ友さんとか職場の人などと浮腫み談義になりまして、そこできゅきゅっと小町 の話を聞きました。正直、「私はこんなにマッサージも頑張っているし、食事にも気を使っているんだからサプリをちょっと飲んだだけじゃ効かないでしょ?」って思いました。

でも細身のママ友さんがきゅきゅっと小町を使っているって教えてくれて…。「その細い脚ってそのサプリの効果なの?」「もともと細いだけなんでしょ?」とか教えてもらった立場のくせに思ってしまいました。はい、単なる妬みです。それだけ細い脚が羨ましかった。

で、そのママ友さん、サプリちょっとくれたんです。私がよっぽど妬ましい目をしていたのか、物欲しそうだったのか、憐れんだのか、まぁ今となってはどうでもいいんですが、そのサプリでむくみが良くなったんです。

980円で「きゅきゅっと小町」を取り寄せてみた

ママ友さん紹介のサプリを早速取り寄せました。

あれ、私の悩んでいた浮腫みってこんなに簡単に解決することだったかな?って拍子抜けしました。なんだかこのきゅきゅっと小町 に含まれている成分が私には足りなかったらしく、飲んだだけで急によくなりました。なんだろ、一体、なんなんだ。

今は浮腫みそうなときに飲んでおけばすぐに対処できるようになりました。

で、今キャンペーンで初回月は980円なんですよ。私の時は違ったのでちょっと羨ましい…。ので今が買い時かな~。キャンペーンページの入り口は↓のバナーからどうぞ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!