首を寝違えた原因を調べてみた

朝起きたら首が寝違えていました。治そうとネットを検索すると寝違えというのは胃腸が原因らしいです。他にもどんな原因があるのか調べてみました。

寝違えの症状

朝起きたら急に首に痛みがありました。左を向くと左側の首に痛みがあります。

右を向く方が楽に曲げられますが、真横から右後ろまで曲げようとすると左側の首に痛みがあります。

寝る姿勢はどうだったのか

寝違えた晩の姿勢が原因なのかも?思い、どんな姿勢だったのか思い出してみました。

布団も枕もいつもと同じです。室温も普段と変わりません。

寝つきの違い

いつもと違うのは寝つきでした。その夜はなんだか、眠くて仕方がないのに神経が高ぶって眠れない…ウトウトし始めると目が覚めてしまう、ということを繰り返しながら眠りました。

ぐっすり眠れたのは4時間くらいだと思います。

寝違えの原因

寝違え、というからには寝方に原因がある…という他にも内臓の疲れなど色んな原因があると言われているようです。

どれが原因なのか?自分に当てはまるか検証してみることに。

寝返りが足りない

普通は眠っている間に何回も寝返りをしているので、寝違えるほど首に負担がかかっていません。けれど疲れやお酒の飲み過ぎなどで寝返りを打てないと首に負担がかかって寝違えを起こすようです。

寝返りが足りない場合、筋や筋肉を傷めて炎症が起きているのが原因のようです。

確かに熟睡しすぎたかも

私の場合、寝つきが悪かったので確かに熟睡して寝返りが足りなかったのかも、と思いました。筋や筋肉の炎症を取れば治るみたいです。

内臓の疲れで寝違える

どの内臓が疲れているか?によって首の右側か左側か違ってくるようです。

右を向くと痛い場合

脂ものを食べ過ぎ(胆のうが弱っている)

ストレスによる肝臓の疲れ

確かにステーキを食べた

私の場合、寝違えた時の夕食にビーフステーキを食べました。脂っぽいといえばそれくらいしか思い当たらない…。いつもは平気な量(80gくらい)です。

ストレスで肝臓が弱る

あと、ストレスで肝臓が弱るというのは初耳でした。本当にストレスが原因で肝機能が悪くなるようです。

確かにこの日はストレスが多い一日でした。寝付けなかったのも、その日の出来事がグルグルと回って眠れなかったからです。

左を向くと痛い場合

食べ過ぎて胃が弱っている

暴飲暴食ですい臓が弱っている

暴飲暴食はしていない

私の場合、前日に暴飲暴食はしていないので(むしろ食べられなかった)この原因は当てはまらないです。

でも左を向くと痛いので、原因が違うところにあるのかもしれません。

脇の下の神経が圧迫されている

寝違えの治し方を調べていると「ゴッドハンド輝の寝違え治療」が出てきました。この漫画によると腋窩神経(脇の凹んだところにある神経帯)が圧迫されすぎて首の寝違えが起きているようです。

否定的な意見もある

この腋窩神経を圧迫しているという説には否定的な意見も見つけました。

  • 腋窩神経は肩の筋肉を支配しているけど首にまでは影響しない
  • 腋窩神経にトラブルがあるなら腕を上げにくくなる(けれど寝違えた人はほとんどそんな症状はない)

なので、ゴッドハンド輝はフィクションじゃないか?という意見でした。

確かに腕は上がる

私の場合も確かに腕は上がります。でも脇の下に微妙なコリ、というか痛みというか、いつもと違う感じがあります。

一概に腋窩神経説がガセネタとも思えないです。

ストレートネックが原因

スマホのやり過ぎで、首が一定の姿勢に凝り固まって痛みがでてくるのがストレートネックです。スマホだけじゃなく、パソコンとか読書とか、とにかく同じ姿勢でい続けるのが首に負担がかかるようです。

スマホいじって寝てました

これも確かに眠れないのでスマホをいじっていました。1時間くらいスマホを使っています。

けれど、布団の中でもっと長時間スマホを使うことも過去にあったので、寝違える晩の1時間の使用が原因だとは思えないです。

可能性があるのは蓄積された疲労が寝違えの原因、かもしれません。

頸椎の異常

首の骨がどこか炎症を起こしているせいで痛みが出ることもあります。加齢が原因だったり、姿勢が悪いのが原因の場合もあります。

神経を圧迫して痺れが出たり、麻痺してしまうこともあるようです。

姿勢が悪かったかもしれない

私の場合も普段、決して姿勢が良い方ではないので、この点は反省しなければ…と思いました。姿勢が悪いせいで首の神経に負担がかかって手足が麻痺する、なんて怖すぎます。

でも今の寝違えの症状に「痺れ」とか「麻痺している感じ」は無いので神経は大丈夫そうです。

肩甲骨のコリが寝違えの原因

寝違えている場所が首だけじゃなく、背中、肩甲骨まで痛む場合は背中の筋肉のコリが原因らしいです。

首の筋肉が痙攣しているせいで痛みが出て、その首の筋肉は背中の筋肉とつながっているから首の痙攣と一緒に背中も痙攣しているようです。

肩甲骨ってはりつくの?

私は寝違えるといつも背中や肩甲骨も一緒に痛くなります。首の筋肉と背中の筋肉がつながっているから連動して痛くなるようですが、背中の炎症が先なのか首の炎症が原因なのか?

色んな原因が重なっている可能性大

色々調べてみましたが、どれもこれも自分に当てはまっているし、どれも当てはまっていないような気もします。これが原因!と一概に言えないような…。

それに、肝臓が弱ると背中の筋肉が緩んで首の筋肉に負担がかかる、というような意見も見つけてしまい…いろんな原因が連動して起きているような気がしてきました。

とにかく体が不調というサイン

しっかりと血液検査をしたり、肝機能検査をしたり、整形外科へ行って詳しい検査をしないと原因を追究できないということが、調べていくうちに分かってきました。

たかが寝違え、といっても何らかの体調変化(悪い方へ)が起きているので素人判断でおしまいにしない方が良い場合もありそうです。

呼吸が苦しいなら病院へ

特に呼吸をするたびに痛みが走るとか、だるくて仕方がないほどなら受診したほうが安全そうです。心筋梗塞など心臓の痛みは肩や背中に現れるようなので、酷い肩こりだと思ったら心筋梗塞だった、という話もあります。

痺れが出ても受診する

首の痛み=神経が圧迫されている、という状態だった場合は腕などに痺れが現れるようです。首を骨折すると半身不随になてしまったりするし、ただの痛みだと軽く見ないで痺れが出たら受診したほうが良さそうです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!