ステンレスフライパンは使いにくい?どんな人に向いているか?

ステンレスフライパンを使うと「使いにくい」「重い」「焦げる」という感想があります。こういう感想を持たれる人は使い方をまだ習得していないのですが、向き不向きがあると思います。なので、どんな人がステンレスフライパンを使うと幸せになれるのか?検証しました。

スポンサーリンク




焼き目が好きな人

お肉を焼くのでもムニエルを焼くのでも、とにかく綺麗なムラの無い焼き目、しかもカリッとしあがります。というか、しっかりした焼き目がつかないと剥がれにくいので、普通に焼くだけで全体にきれいな焼き目が付くはずです。

多層ステンレスフライパンは無油調理ができるので、脂が多いお肉などはオイル無しで焼き始めることもできます。しかもオイル無しでも綺麗な焼き目ができます。

フライパンをすっきり綺麗に洗って保管したい人

鉄フライパンだと油をひいて置かないと錆びてしまうので、保管するときにベタつくんですよね。それが嫌!という人はステンレスフライパン、おすすめです。徹底的に洗えます。

ジフのようなクレンザーも使えるし、焦げ付きが酷ければすごく目の細かい耐水性紙やすりで焦げ付き汚れを落とすこともできます。フキンで拭いて棚に仕舞える、という点も良いですよ。鉄フライパンだとどうしても出しっぱなしになるので…。(私は鉄フライパンも持っていますが、やっぱり油くさくなるので出しっぱなしにしています)

フライ返しは金属製を使いたい人

フッ素加工フライパンはコーティングがはがれてしまうので、ナイロン製のフライ返ししか使えません。でもステンレスフライパンなら金属製フライ返しが使えます。綺麗に剥がれるので久々に金属製フライ返しを使うと感激するかもしれません。(…でも実をいうとステンレスフライパンは高価なのでもっぱら木べらを使っています)

トマトソース、酢豚など酸性な料理を良く作る人

ステンレスフライパンと同じように鉄フライパンも長持ちして綺麗な焦げ目ができます。でも二つのフライパンの大きな違いは酸性の料理に対しての丈夫さです。

鉄フライパンって、使い始めに酸化被膜という「焦げ付かないための膜」を油で作りますが、トマトとか合わせ酢などを鉄フライパンで作ると、この酸化被膜が取れてしまいます。せっかく黒光りしていたのに、買った時のシルバーに戻ってしまい、焦げ付くようになります…。

アルミの鍋や鉄鍋のように料理ペーハー値(酸かアルカリか?)を意識しないと鍋が傷むようなことが無いです。アルミ鍋も鉄鍋も酸性に弱いので結構簡単なことで穴があきます。

実際にアルミの鍋に穴を開けてしまった人っていますか?
どのような使い方をして穴を開けましたか?
それとも人が食べるレベルの酸では穴を開けたりしないですか?

冷し中華のタレを作っただけで穴が開きました。
安物の380円の鍋です。
やっぱり溶けるんだなあ~と実感しました。

ヤフー知恵袋より引用

酸性のものでも腐食の心配がいらないステンレスフライパンは気楽に使うことができますよ。

スパゲッティを良く作る

トマトソースのところでも紹介したように、鉄フライパンはトマトソースのような酸性の食品に弱いです。なので、パスタを仕上げたり、トマトソースを作ったりする人は絶対ステンレスフライパンが便利です。温度変化も少ないのでカルボナーラも上手に乳化しますよ。

重いフライパンだとやりにくい!ならパスタパンがおすすめ

ただ、すごく高頻度でスパゲッティを作る、しかもカルボナーラのような乳化が必要なスパゲッティを作るならパスタパンを買うのも良いと思います。パスタパンはアルミ製で軽い(プロも使っている)ので扱いやすく、上手に乳化させられます。

これなら多層ステンレスフライパンの重さも無いし、アルミ製なので火を止めるだけでどんどん冷めるのでスパゲッティを作るのには最適です。(でもアルミのフライパンなので多層ステンレスフライパンの代わりにはなりません。焦げ付きやすくて大変です。パスタ専用なら重宝するフライパンです)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!