pta 連絡を line でするメリット

pta 連絡網や学校の役員の連絡方法を line にすると便利なことをまとめました。 line だとタイムリーに連絡できて誰が選んだのか既読数で判断することができます。さらに画像や動画データまで送ることができるので、全員に活動の進捗を把握してもらいながらスムーズな進行ができるようになります。しかも 電話をするよりも line で連絡したほうが費用がかかりません。

スポンサーリンク




とにかくタイムリーに連絡できる

Pta 役員になると色々な買い出しをすることになります。人数分のお菓子の買い出しの時に、こっちのお菓子とあっちのお菓子どっちがいい?と悩んだ場合 line に写真を届けてしまえばすぐに皆からの反応が得られます。アレルギーがある子供のお菓子選びに悩んだ時も、売り場で実際に写真を撮って裏の成分表示を確認してもらったりして便利です。

また景品選びの際にも、どっちの色がいいかとか細かいことに悩んでしまいますが、 line ならみんなに確認を取れるのでみんなで選ぶことができます。どんなお菓子を買ったのかどんな景品を選んだのかがタイムリーに、全員で共有できるのが魅力です。

行事当日の急な変更にも line なら無料で連絡を取り合える

行事当日に雨が降って集合場所を9に変更したい…そんな場合もないんなら一瞬で連絡が取れます。一番初めに集合場所に着いた人が、集合場所が使えないことを一人一人に連絡したり連絡網をまわすのって結構時間がかかります。電話で連絡を取っているうちに集合場所に集まってきてしまったりして、結局二度手間になったりします。メールだと既読がつかないので読んだかどうか確認が取れないので急な連絡には使いづらいのです。
line なら読んでない人数が分かるので、 10人中1人が選んでないとしたらその一人を待つだけで住むので手間が省けます。

グループの全員が読んだかどうか既読数で判断できる

細かい決め事や出欠の確認など全員で共有したい情報が、どれだけ伝わったのかが既読数で判断できます。既読になれば当然反応してくる人もいるので誰が読んでいないかが大体分かるのでその人だけに個別で連絡を取ったりなど対応ができます。

pta の会議で出血できるかできないかという相談もないんだったら気軽に聞けるし記録に残るので、誰が欠席するのか過去の会話を見れば一目瞭然です。また欠席理由の全員が共有できるので、誰かに言い訳しながら休むとかそういった心配もありません。

全員の了解を取りたいけど、わざわざ集まるほどではない決め事が簡単に決められる
160円の品物を人数分買おうとしたら消費税分を計算に入れてなかった…そんな時に予算がオーバーすることを会計以外の全員に知らせることが一瞬でできます。会計に知らせることは当然ですが予算は全員が気になる部分なので変更があった場合はすぐに連絡をした方がいい項目です。これも一つ一つメールをしたり電話をしていると時間がいくらあっても足りません。当然仕事をしている人も pta をやるので全員に電話連絡をするだけで1時間かかった
りすることも珍しくありません。(電話連絡をするとどうしても世間話や相手の質問などに答えたりする時間が余分にかかります。さらに通話料もかかります。)

Line は通信料が安い

smart phone

line は電話ではないので通話料がかかりません。 Line の電話機能を使ってもライン同士なら無料なので、いざとなったら line 電話で通話料を気にせずに電話できます。 line を使うには接続料がかかりますが、 line 自体そんなに接続重量が大きくないので通話料ほどの負担にはなりません。

時間を気にせず連絡できる

pta 役員になった人の中には日中だけでなく夜間に仕事をしている人もいます。相手がいつ電話に出れるのか、逐一聞き出すのは気が引けますよね? メールだといつでも出せますが既読機能がないので読んだかどうかわかりません。また1分だけ書いてメールをするのもなんだか変な感じなので、メールを書くと結局時間がかかってしまいがちです。

line なら相手の都合のいい時間に診てもらえるので気軽に送ることができます。

Line を使うと仲良くなれる

メールのやり取りだと割と冷静になってやり取りしていませんか? line だと相手の反応にすぐさま反応してキャッチボールのようなやり取りができます。 pta 役員同士は歳の近い相手同士なので、会話が弾むことも多いし気の合う人も出てきます。 pta 役員がきっかけで友達が増えたりする人もいます。

メールや電話のような他人行儀な感じではなく、隣の友達的なやり取りができるのが line の特徴です。

データがやり取りできる

pta の活動では文章を作る作業があります。 excel ファイルや wordファイル、グーグルマップなどいろんなファイルがデータとしてやり取りできるのは line の便利な機能です。またそのデータがどんなものか、メンバー全員が把握できるのがさらに便利な点です。いつ誰が誰にデータを送ったのかが証拠として残るので、誰が作業を止めているかが一目瞭然です。 pta 活動の進行状況全員で把握していれば誰か一人が悪者になったりすることがなくなります。

画像が送れる

pta 活動の中で自分の子供や pta 役員の子供の写真を撮ったりする機会がたくさんあります。そういった写真をアルバムにしてみんなで共有することができます。挨拶をしなければいけない役割になった人は自分の子供の写真を撮ったりする暇がありません。役員の他のメンバーがみんなの写真を撮ってアルバムを作っておくとみんなに喜ばれます。

動画も送れる

line だと更に動画も送れます。動画なんて送る機会ないんじゃない?と思うかもしれませんが意外に使えます。例えばはちまきの結び方とか、お祭りでの帯の結び方とかそういったものを動画にしておくとみんなのやり方がひとつに統一されます。 pta にはご意見番みたいな方がいるのが普通なので、帯の結び方にケチをつけられるといったトラブルを避けられます。

後はスピーカーの配線の仕方や、マイクの接続の仕方などを動画に撮って共有することができます。配線は苦手な人は本当に苦手で全くできないので、動画にしておくと見よう見まねで やることができます。いつも配線してくれていた人が急に休んだ、という場合も困らなくて済みますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!