大人こそ!ラジオ体操3回で1日分の運動量!ダイエットにも!

ラジオ体操、毎朝6時30分からNHKラジオ第一で放送されています。ラジオ体操というと朝のイメージや職場での体操のイメージがありますね。

ラジオ体操はNHK第二放送で朝、昼、おやつの時間の三回放送されています。今回はこの3回のラジオ体操で1日分の運動量を満たせるという情報をキャッチしたので紹介します。実際に私が実践してみた感想です。

ラジオ体操をする上での効果的な取り組み方

ラジオ体操は伸ばすところは伸ばして、ジャンプするところは手をぬくことなくジャンプするといったようにキチンと行うと速足ウォーキングと同じ程度のカロリー消費量があります。ラジオ体操は1回3分位なので、思いっきり3分ウォーキングしたことと同じです。

3分速足で歩くと思ったよりも遠くまで移動できます。実際は信号があったり人ごみなどで途切れ途切れの運動になりますね。意識的にウォーキングをしないと持続したカロリー消費になりませんから、ラジオ体操はその場でウォーキングと同じ効果が得られる分、効率的と言えます。

スポンサードリンク

ラジオ体操よりエアロビクスのほうが効果が上がるでしょうか?

エアロビクスの良い点は有酸素運動が限られたスペースで行えることにあると思います。ラジオ体操に無い点は長い時間継続して行うことでしょう。エアロビクスは1セット1時間とか平気でやりますね。

エアロビクス

エアロビクス:笑顔を保ちながら激しい運動をします

一方、ラジオ体操の良い点は短い時間で総合的な運動ができることです。


有酸素運動

ダイエットに効果があるとされる有酸素運動です。脂肪を燃焼してくれます。


筋トレ

筋力をつけることで基礎代謝をアップします。筋力がつくと体の故障、怪我の予防にもなります。


ストレッチ

日頃の運動では伸ばしきれていない筋肉や腱などを無理なく伸ばす運動が含まれています。


バランス運動

人体の左右のバランスを調整する運動です。腰痛などの原因となる偏った筋肉の付き方を予防し姿勢をよくすることで体のコリも防ぎます。


インナーマッスルトレーニング

日頃の動きでは鍛えられにくい体の内部の筋肉を鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えると下腹がぽっこりしている内臓下垂や尿漏れなどの予防になります。


NHK第二放送スケジュール通りにラジオ体操してみる

朝、8時40分に1回目の体操スタートです。

洗濯などの家事をやりながらなので忙しい合間にちょっとやるという感じです。朝イチなのでまだまだ元気一杯でちょっともの足りない位で終了しました。余裕があるのでラジオ体操第二までやってもいいかもしれません。

昼、12時00分に2回目の体操です。

ちょうどお昼前に体操があるのでこの時間に合わせて食事の支度を整えます。私はあったかいごはんが食べたいのでラジオ体操後に食事を作ることにしました。空腹時にラジオ体操をするスケジュールということです。

お昼前でちょっとお腹すいたなー、という感じのまま体操開始です。空腹感がありながらも一旦体操が始まると体操に集中できます。というのもラジオ体操って同じ動きの繰り返しではなくて一連の動きの体操なので意識が散りにくいと思います。リズムやテンポを聞いていないと音楽に体の動きを合わせられないですからね。

体操が終わると空腹感はちょっと落ち着きました。空腹から目をそらすというか、うまくやり過ごすことができました。これはちょっとしたダイエット効果があるのではないでしょうか。

おやつの時間、15時00分の3回目の体操

この時間になるとちょっと全体的な集中力が途切れてきます。眠気というか気だるさというか。3回目の体操ですがちょっと面倒だなという心持ちでスタートしました。

やりはじめは億劫ですが「まぁ。3分だしやろう」と決めてやり始めると3分なのでやり切れます。

この3分というのがハードルが低くていいんでしょう。「さぁ、エクササイズするぞ」とトレーニングウェアを着込んで出かけるよりずっとずっと手軽です。

3分

1日3回のスケジュールに取り込むと生活にメリハリがつく

「あぁラジオ体操の時間だ」とあらかじめ予定して行動順序を考えたり、15時までにこの仕事を片づける、などといったように1日の生活の中にマイルストーンを置くことができます。

マイルストーン:進捗上の節目のこと

ラジオ体操をこのスケジュールで、1日付き合ってできる人というのは、会社でラジオ体操を取り入れている場合は別として主婦とか、高齢者などが想定できます。

家にいる主婦の場合は15時は子供が帰ってくる前の忙しくなる直前の良い時間です。(これ以降の時間だと忙しすぎて体操どころではないかもしれません。)

高齢者の方だとこのスケジュールに沿った生活は認知症防止になりそうです。1日の予定をあらかじめざっくり組む必要がありますし、時間を常に意識していなければなりません。常に自分が何をしようとしているか考える必要があるのです。

認知症予防にはこの「計画をして実行する」ことがとても効果があるそうで、散歩にしても自分で道順を考えて実行すると良いです。

いくつになってもトライ&エラーが必要なんですね。

で、実際にラジオ体操で痩せるの?

私の場合、やり始めたばかりで実績がないのですが何もしないよりは有意義な3分がおくれます。スクワットなども同じですが、継続していくと徐々に効果が現れるものです。

しばらく続けてみないことにはダイエット効果についてハッキリわかりませんが、ラジオ体操をすると姿勢がよくなりました。

というのも、ラジオ体操をすることで定期的にまっすぐ前をむき、左右同じように動かしているからだと思います。自宅で作業や家事をしているひとは無自覚に姿勢が悪くなりがちなので姿勢を正す意味でもラジオ体操は効果があります。

3分神

まとめ:3分という短さは神、無理なく続けられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!