その足のむくみ病気かも?リンパマッサージで解消

脚のむくみ、女性なら誰もが一度はひどいむくみを体験していると思います。女性は黄体ホルモンの働きでむくみやすい時期があります。また加齢などの原因で血液が戻る力が弱まったときもむくみやすくなります。
しかしむくみの中でも病気が原因となるむくみがあります。その特徴を知って早期治療をすることで自分の健康を守りましょう。


また普通に起きるむくみにはリンパマッサージがおすすめです。リンパマッサージは特別なコツなどより血行を促すことが大切です。血行を良くすることでリンパ液の戻りを促します。あまり難しく考えず気軽に取り組むと良いでしょう。

病気かもしれない特徴のある浮腫みの症状とは?

片足だけ、左右で差がある浮腫み方をしている場合

片足だけ浮腫む場合、リンパ浮腫という病気が考えられるようですが、この病気は癌の手術でリンパ節を切除した方に起きる病気のようです。
他に考えられる病気は静脈血栓症です。この病気は静脈の中で血が固まってしまう病気です。血管の中で血が固まってしまうため、この塊が流れだして他の臓器へ流れ着いた場合、場合によっては命に係わる病気を引き起こすことがあります。
よくニュースなどで聞くエコノミー症候群などはこのように足に血栓ができて他の臓器に流れ着き、そこを詰まらせてしまう病気です。

投稿が見つかりません。

片足だけのむくみは放置せずに受診すべき

片足だけ浮腫む場合、血行不良だけではない原因があり、その原因が血栓であったり大きな病気を引き起こす要因となってしまいます。心臓や腎臓の働きが弱くなったり、リンパ液の流れが悪い場合は両足が同じように浮腫みます。ここが大きな違いなので、きっちりと見分けましょう。またホルモン剤やステロイド剤を飲んでいるときは血栓ができやすくなる環境です。このような薬を飲んでいる場合、日常的に意識して足を動かすように心がけましょう。運動することで血液循環が高まり、血栓ができにくい環境へ近づけることができます。

足が浮腫む病気、下肢静脈瘤

足のふくらはぎの辺りにある静脈は心臓まで血液を戻すために逆流を防ぐ弁が備わっています。その弁が出産がきっかけだったり、立ち仕事が原因だったりして壊れてしまうとこの下肢静脈瘤という病気になります。症状は浮腫みのほか、だるさ、かゆみ、痛み、熱感、足の感覚異常などが起きます。足表面の血管がくねくねと蛇行してところどころコブがあるように見えます。
弁が壊れているので治療としては壊れた弁を治す手術が一般的です。ただ症状が軽いうちは弾性ストッキングなどを使って血液が滞らないよう工夫しましょう。

スポンサードリンク

足のむくみにリンパマッサージ

リンパマッサージは溜まったリンパ液がスムーズに流れるのを助けるためのマッサージです。普通、イメージするマッサージよりもずっと弱い力で行うマッサージなのでマッサージというより撫でている?感覚に近いです。その分、強い力が不要で刺激する必要がないため自分で行いやすいとも言えます。足のリンパマッサージは特に指を念入りに行うと血管が近いので効果的です。

足裏のリンパマッサージ

  1. 足の小指から親指まで順番にマッサージします。指の両脇を引っ張るような感覚です。
  2. 指と指の間をマッサージして十分に開いてマッサージします。
  3. 足の裏をつま先からかかとまで順々にマッサージします。
  4. げんこつを作って足の裏を軽くたたく。痛いほど叩いても効果が無いのでやさしく叩くこと。
  5. イメージ的には血管の間にあるリンパ液を最終的には足の付け根まで持っていくイメージです。
  6. 足首に溜まったリンパ液を流すため足首を回して足裏のマッサージを終えます。

むくみに効果がある足裏のツボ

リンパマッサージのついでに足裏のむくみに効果があるツボを押しましょう。ツボの押し方は親指で3秒ゆっくり力を入れながら押して離す、またゆっくり力を込めながら押して離すを繰り返します。押しすぎることは「過ぎたるは猶及ばざるが如し」でかえって良くないので程よく押します。ちょっと飽きた頃が終え時です。

湧泉のツボ

足裏のど真ん中より上あたり、足の指を曲げたときに凹む場所が湧泉のツボの位置です。血行が良くなりむくみ解消に役立ちます。

足心のツボ

このツボは足裏の超ど真ん中です。腎臓に関係するツボです。腎臓は体の老廃物をろ過する場所ですが、そこを刺激することで老廃物の代謝を促進させてくれます。むくみに直結した効果が期待できます。

ツボは痛いほど押す必要はありません。痛いような気持ちいいような位でちょうどいいです。

↓ガクトさんが足つぼでキレていますが、なにか器具を使っているようです。自分で押すときも指じゃなくてツボ押し棒を使っても良いですが押しすぎには注意しましょう。後で痛みが残ります。

error: Content is protected !!