疲れ果てて鬱っぽい時に効くツボ

私、お灸が好きなんです。仕事とか人間関係とか、色々いろいろあって…けど解決方法も無い…。そんな精神状況の時に気分に効果があるツボはないかと探したところ、精神的な疲れに効果があるツボがあったので試してみました。

スポンサーリンク




不満が溜まってるとき

労宮のツボがどんな気分に効果があるのか調べてみると、不満が溜まっていてムカムカしている、そんな気分を落ち着かせてくれる効果があるそうです。

不満がずっと募って麻痺しかかっている今の私の精神状態にはちょうどいいんじゃないかと思い、やってみることに。

労宮のツボ効果

ムカムカを抑える以外にもストレス症状全般に効果があります。自律神経が弱っている場合にも効果があるので不眠気味、寝起きが悪い場合にもこのツボを押すと良いです。

  • 自律神経の調整
  • 体の疲れと心の疲れをとる
  • ストレスを和らげる
  • ムカムカ、イライラに効く
  • 肩こり、首凝り
  • 動悸
  • 手の違和感、手汗、ほてり
  • 吐き気
  • 気持ちを落ち着かせる

労宮の場所

簡単な見つけ方は、手のひらをグーにしたとき、中指と薬指が当たる先端の場所に労宮のツボがあります。

押してみて、ちょっと痛いとか、何か他とは違うと感じる場所、押した後もちょっとじんわりと感覚が残る場所が、いわゆる反応がある場所です。

気分を変えるツボ、労宮を刺激する方法

私はお灸が好きなのでお灸をすえる方法でやろうと思いますが、他にも指圧したりしても効果があるようです。押し方は親指で10回くらい押します。これを3セットくらいやるとちょうどいい刺激になるみたいです。気持ちよく押すコツとしてはじんわり(ゆっくり5秒くらい時間をかけて)力を入れて、スーーーッとまた5秒くらいかけて離す(力を緩める)のがリラックス効果も高まっていい押し方だと思います。

お灸の場合はキュッと熱くなる刺激で一回お灸すればいいです。普段から料理で熱いものを触っても平気な感じなら、お灸もソフト灸やレギュラー灸じゃ物足りないかもしれません。ダルマ灸とかハード灸もいいかもしれません。

どっちの手のツボを刺激すればいいの?

ツボは左右対称に同じ場所に存在するものが多いですが、体の中心のツボなどは対称ではないものがあります。じゃあ、左右どっちのツボを刺激すればいいのかというと、両方のツボを押してみて痛い方が、より反応が強いと判断するので治療すると効果が上がります。

左右どちらのツボも同じくらいの反応だったら左右均等に刺激すると体の調整がうまくいきます。私の場合は左右対称になっているツボは療法にお灸をしています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!