パソコンを使っていて猫背になるとお腹が痛い

パソコンを使っているときにどうもお腹が痛くなる…原因は何だろうと調べるとどうやら猫背のせいらしいです。

スポンサーリンク




猫背で内臓圧迫

猫背になると内臓が圧迫されるせいでお腹が痛くなるみたいです。そういえば段々前のめりになってくるとお腹が痛くなっていました。

血行不良になる

猫背がなぜいけないのか、というと猫背になると内臓をギューッと縮めてしまって血行が悪くなるのがいけないようです。

血行が悪くなると内臓の働きが悪くなって、消化不良や腸の蠕動運動も妨げるので便秘になるとか、子宮まで圧迫されると不妊につながるとか…。

胃痛のもとらしい

背中を丸めていると背中の肩甲骨あたりがおかしな感じになってきます。コリというか、痛みというか…。これは猫背になって背中のバランスがおかしくなっているせいらしく、背中の神経を刺激しているみたいです。

で、その背中の神経を刺激すると胃を健康に保とうとする力が衰えるんだとか。本当なのか、ツボでもつながっているのか?!と思いましたが現に胃がキリキリするときは座って作業しているときなのであながち嘘とも思えません。

逆流性食道炎の原因か

食べ過ぎた時に酸っぱい味が喉まで上がってくることがありました。これは絶対に胃の内容物が逆流している…!と確信していたんですが、そういえばいつも机に向かっているときに症状があったと思い当たりました。

猫背になってパソコンに向かっていると胃の入り口付近が圧迫されて逆流しやすくなるそうです。

首もおかしくなるらしい

もっと調べていくと首も猫背のせいで歪んでくるらしく、頭痛や肩こりの原因になるとか。

病気にならない猫背対策

ここまで調べてみると猫背というだけで病気の原因になるようなので治さないと、という気持ちになりました。具体的な方法を考えてみることに。

ストレッチをする

ちょっとデスクワークに行き詰った時にはストレッチを取り入れようと思います。姿勢が猫背気味になったら修正をかける意味でも、姿勢を正すためのストレッチをやろうと思います。

1時間に1度は立つ

座りっぱなしで内臓を圧迫し続けるのがいけないようなので、少なくとも1時間に1度は立ち上がることにしました。スマートウォッチなどで知らせてくれるものも売られていますが、私が集中できるのは1時間も無いので「飽きたころに立つ用事を済ませる」ことにしました。

ただ、はたから見たらいつもウロウロ落ち着かない人に見えないか、が心配です。

ノートパソコンの高さを調整

調べるとノートパソコンの角度が猫背を助長しているらしく、ノートパソコン自体の角度を調整する冶具が売られていました。これを使うと完全に斜め45度くらいになるみたいです。

iPadにも使えるというレビューもみました。パソコンスタンドのレビューを見る

クッションとかじゃ調整できないだろうか、と思ってやってみたんですが…。ノートパソコンが熱くなって壊れそうなのでクッションじゃダメです。あと、滑りそうな台でも落として壊れそうなので専用品が良いだろうなぁと思いました。(ケチろうとしましたが、止めた方が良さそう)

椅子の背もたれを使う

ずっと背もたれのない椅子でパソコン作業をしていたんです。(背もたれが無いと立ち上がるのも億劫にならないし、掃除が楽だったので)

でも背もたれが無いと椅子に浅く腰かけて、結局は自分の体に負担がかかっていたようです。なので、背もたれの椅子に変えました。背もたれを使うと内臓が伸びるのでお腹が痛いのは治まりました。

まとめ

デスクワークをしていて胃痛とか背中痛、腹痛があったので「猫背が原因では?」と治してみたところ、改善しました。

ちょっとした心がけくらいの努力しかしていませんが、かなりよくなったのでもし猫背で体調が悪くなった場合は試してみるとあっさり治るかもしれません。やってみても治らないなら病気を疑ってみるという判断も出来ますし。

関連コンテンツ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!