ほくろが多い人は長生き?若い?がんになりやすい?

ホクロが多い、ほくろが増えて行く体質の人がいます。管理人がそう、ホクロ体質なのでとても気になりました。そういったホクロが多い体質の人に共通していることをまとめました。

ホクロが100個以上あるとテロメアが長いらしい

研究した人物は1800人以上の双子を対象にホクロの数を調べ、血液中の白血球のテロメアの長さを測るという調査を行ったようです。白血球のテロメアと体内の臓器のテロメアの長さは比例するので、白血球のテロメアの長さを測ることで寿命が調べられることになります。

(注:テロメアとは細胞の寿命に関係する遺伝子で、細胞分裂するたびに短くなっていく。テロメアが長いほうが細胞自体の寿命が長いということになります。つまり短い人よりも多く細胞分裂ができるわけです。)

スポンサードリンク

研究者によると子供のころにあったホクロは中年になると消えていき、この消えるということで細胞の寿命が観測できるとしています。つまり小さいころに発生したホクロの細胞がだんだん年をとって細胞自体の寿命が中年頃に訪れてホクロの細胞が死んだときに「ホクロが消える」という現象が起きると。

ここで疑問なんですが、ホクロって消えましたっけ?私の場合はホクロが増えていく一方なんですが…。ですがテロメアが長いためにまだホクロが薄くなっていっていない可能性があります。

またホクロが多い人ほど骨粗しょう症になるリスクが少ないという結果がでています。

ただ良い事ばかりではなく、がんにかかる率も高くなっているようです。皮膚がんだけでなく大腸がんなどのすべての癌にかかる確率です。これは長期にわたる細胞分裂のせいでがんの原因である細胞のコピーエラーが起きやすくなっているためなのか、細胞自体がエラーが起きやすい性質なのかはっきりしていません。論文を探しても具体的な記述がありませんでしたので自分で考察することにしました。

ホクロが多い人は癌になりやすい?その理由とは

mole

テロメアが長いということは細胞分裂回数が増えるのでコピーエラーが起きやすくなる確率は上がります。そしてホクロが多い人はホクロが少ない人より頻繁に細胞分裂を行っています。皮膚の細胞分裂回数が多いということは臓器も細胞分裂回数も多いと予測できるので癌になる確率が上がります。

ホクロが多い人の細胞自体が癌化する性質があるのではなく、頻繁な細胞分裂によって細胞のコピーエラーが起きる可能性がホクロが少ない人よりも多いのです。細胞分裂する回数が多いほど癌になる確率は上がるのです。

若い人ほど癌の進行が速いと言いますが、ほくろが多い人も同じような性質を持っているのではないでしょうか。ホクロが多い人は常に免疫力を高めておくとがん予防になりそうです。

ホクロが多い人は7歳若く見える?

ホクロが多い人は若く見える、らしいです。実際私は実年齢よりも若くみられます。(まぁお世辞もあるでしょう)その理由をホクロがあるせいで、視線がホクロに集中してシワやたるみに注目されない事だと思っていました。

パッとみて人は年齢を肌の質感で感じるものです。質感というと曖昧なのですが、年齢を感じるのはしわやたるみではないのではないでしょうか。若い人でも笑いシワがあったりほうれい線が出る人がいますがそのシワのせいで老けているとは一概に言えません。なんとなく若さを感じます。

たるみについては頬っぺたが顎よりも垂れ下がるほどでなければ、そうそう目立つものでもありません。たるみ+二重あごという組み合わせになると一気に「中年」を感じさせますが「たるみ」単体でも老けて見える要因にはなりません。

老けて見える要因はハリ、ツヤ、透明感など本当にあやふやなところにあるような気がします。ほっぺを押した時にできる光の輪、ギラギラテカるような油ギッシュじゃないツヤ(どんなだ?っていう位曖昧な照りですよね、ニキビが落ち着いた頃の輝きがある肌っていうのが近いでしょうか?10代後半位?)透明感に至っては角質層以下の肌内部の輝きから生まれるらしく…。

それってどうしようもないじゃない?みたいな所に若さが現れているような気がします。

ホクロが多いと7歳若く保っていられるかもしれませんが、その分多いホクロをコンシーラーでうめたりする必要もあります。結果、ファンデーションは厚めになるので…どうなんでしょう。厚化粧って若さの対局にあると思いませんか?

ホクロが多い人の特徴って

ホクロが多い人は長生き体質で骨粗しょう症のリスクも少ないし、細胞分裂も多いから老化が遅く若さを保っていられます。その反面、細胞分裂が多いために癌になる確率もアップします。

長生きするか、癌で早死にか?ってことでしょうか…。ほくろ体質の人、免疫力を高めてがん予防していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!