脚のむくみに着圧ソックス,ダイソー100円のでもいい?

夕方ころになると脚がむくんでいませんか?長時間の立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢でいることがむくみの原因になることがわかっています。このような長時間同じ姿勢でいたためにむくむのを予防するには弾性ストッキング、着圧ソックスがおすすめです。これらは履いているだけで効果が現れるので、むくみで悩んでいたならまず初めに試してみると良いとおもいます。


私は100円ショップの着圧ソックスから、メーカー品の2000円程度の商品、医療用の着圧ソックス5000円くらいのを試したのでひとつづつ紹介します。

着圧ソックス、弾性ストッキングで浮腫み予防

圧力の強さ  強さの数値ミリバール 強さの数値ヘクトパスカル
極弱圧 10-15mmhg 13.3ー19.95hPa
 弱圧 15-20mmhg 19.95-26.6hPa
 中圧 20-30mmhg 26.6-39.9hPa
 強圧 30-40mmhg 39.9-53.2hPa

着圧ソックスは本当に効果が目に見えて現れます。選び方のポイントは圧力、サイズが適切なものを選ぶことです。圧力が弱すぎると効果が弱く、強すぎると皮膚が赤くなったり締め付けでかゆくなったりします。また就寝中に使うタイプの着圧ソックスは弱い圧力のものを選ぶと良いでしょう。強い圧力のものは血圧が下がっている就寝中には負担になります。

投稿が見つかりません。

着圧ソックスダイソー、セリア、医療用、履き比べ感想

着圧ソックス、弾性ストッキングは色んなメーカーから発売されています。弾性ストッキングとは主に医療用の着圧ソックスで値段も3000円ほどで膝位までの丈があります。

  • ダイソー100円着圧ソックス感想
ダイソースラリキュット、着圧ソックスをしばらく使った感想

ダイソーで売っている着圧ソックスはつま先なし、つま先有、色がブラックと白っぽいピンク?のものが販売されています。サイズはS-Mサイズ、M-Lサイズの二種類です。私はむくむと冬用のブーツが入らなくなるほどの太さの脚なのでM-Lサイズを買いました。

スポンサードリンク

履いてみた感じはちょっと緩いです。きつめのハイソックス程度なので、S-Mサイズを買い直してみたところ…今度は一番上の履き口がキツイです!履き口がキツイのでずらしたり、折り返したりして履いていましたが(折り返すと締め付けすぎて危険です!)こまめにずらして履くなら十分使えます。脚の形がピッタリする人ならきっとコストパフォーマンスが最大になりますね。私はちょっとふくらはぎが太すぎてついうっかりずらし損ねると赤くなってかぶれます。ですがむくみは良くなりましたので効果は十分あります。

100円ぽさを感じる点は生地の質です。生地はちょっとゴワゴワ感があります。ざらざらした質感で肌に寄り添う感じはありません。

  • セリア100円着圧ソックス履き心地感想

セリアでも100円着圧ソックスが販売されていますが、ダイソーほど力を入れていません。ひっそり置いてある程度の品揃えです。セリアはどちらかというとほんわか系、ラブリー系な普通の靴下が豊富です。私が通える範囲の4店では着圧ソックスの品揃えはブラックのみ1種類だけでした。2種類かな、と思ったら同メーカーでパッケージ違いだったので同じところから卸しているのでしょう。

セリアの着圧ソックスは私の脚には丁度無難な感じです。結構な締め付けを感じますが痛いということは無く程よい感じです。生地はちょっとごわついているものの締め付け感は適度で良いと感じました。生地の質はダイソーの商品と同程度位です。

  • スリムウォークの着圧ソックス感想

値段が1500円から2000円位の商品です。100円着圧ソックスとの差は生地にあります。この商品はしっとり感があります。しなやかさがあり脚にぴったりと沿っていく感じです。洗濯にも結構強く足の爪さえ切りそろえておけば、それなりに長持ちします。

100円の着圧ソックスと比べて約20倍の価値があるかと言えば、サイズを間違えなければ生地の心地よさに価値があると言えるでしょう。

  • 医療用着圧ソックスの感想

医療用の着圧ソックスはなんと100円着圧ソックスに比べて25倍から60倍以上の値段です!私は入院して起き上がれないような絶対安静時に医療用の着圧ソックスを購入したので100円着圧ソックスとの差をレポートします。

私が買った医療用の着圧ソックスは膝が隠れるまでのニーハイ位の丈でした。まず100円着圧ソックスと違うのは履きやすさです。医療用の着圧ソックスはハッキリ言って履きづらいです。つま先までたぐり寄せてはかないと綺麗に履けません。100円着圧ソックスはその点でいうと普通の靴下と同じようにスッと履けます。

履きづらい医療用の着圧ソックスは、履いてしまえば違和感なく過ごせます。適度な締め心地で痛みを感じることやかゆみを感じることもありません。包帯を巻くのがうまい人が脚じゅうに包帯をぐるぐる巻いた、ような締め付け感です。生地の質はスリムウォーク以上で、生地の構成自体が編み方とかが違うんだと思います。

値段が5000円前後なのでネットに入れて洗ったり、手洗いですが「寝たきりに近い」状態なほど医療用の高価なものを使いましょう。

寝たきりの状態では床ずれや血栓などの危険がアップしているのでケチると他の医療費でツケがまわってきます。しかしこの質感になれてしまうと100円着圧ソックスに戻れないかもしれません。

私が考える着圧ソックスの選び方

医療用の着圧ソックスが履き心地、質感ともに最高です。しかし1足5,000円前後と毎日履きかえるものにしては大変高価です。1足は持っていたいのが医療用の着圧ソックスです。

毎日着圧ソックスを履きたいし、ちょっとでも生地が傷んだらすぐに買い換えたい人、とにかく数が欲しい人は100円着圧ソックスでも十分使えます。無理に高価な商品を揃える必要はありません。

結論:スリムウォークなどの中堅の商品に数千円かけるなら医療用の着圧ソックスを1足持っていた方が使い勝手が良いと思います。着圧ソックスを使ってみたことが無い人は100円着圧ソックスでどんなものか試してみて、医療用の着圧ソックスを買うと失敗がないでしょう。着圧ソックスは脚にかける圧力が弱すぎても強すぎても効果がありません。サイズ感を知るためにもお試し履きしてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!