[ダイエット]野菜ジュースで一日分の野菜が取れるか[嘘と罠]

野菜一日これ一本でダイエットできるという噂を聞いたので野菜ジュースについて調べてみました。調べるにつれ、野菜ジュースだけでダイエットしようというのはどうなの?と感じたので参考にしてください。

1日に必要な野菜350グラムをジュースでとれるか?

厚生労働省が推奨する成人一人当たりの野菜摂取量は1日350グラムとされています。350グラムは大体両手いっぱいの量ですが、その内訳はどんな野菜でもいいというわけではありません。葉野菜、緑黄色野菜などに含まれる必要な栄養素を考えたうえでの350グラムです。

日頃の食事で野菜に含まれている必要な栄養素を350グラム分とることは結構難しいことです。毎食に野菜の小鉢を2つくらい付けていかないと達成できないので1食でも外食したり、欠食すると無理になりますね。ちなみに野菜に含まれるビタミン類は一度に摂取するよりも毎食ごとに分けて食べたほうが吸収がよくなるので一度に大量に野菜を食べればよいというものでもありません。

野菜ジュースは計算上の350グラムで栄養価は別の話

ダウンタウンの松本さんが野菜一日これ一本を飲んでいるという話で、紙パックの商品は200ミリリットルで小さなペットボトルタイプの商品は280ミリリットル入っている、野菜一日これ一本というけれどどっちが適正量なのか?200ミリリットルのほうは足りてないのか?(怒)という笑い話があります。

すごい良いネーミングだなと感心しますが…。ネーミングに惑わされそうですが、これを一本飲むと一日分の野菜が「とれる」とか「まかなえる」とかはっきりしていないですね。もしかしたら「足しになる」だったりして。野菜一日これ一本で足しになる。

問題になっているようだ、濃縮還元

普通、一般家庭で作られる野菜ジュースはジューサーで直絞りしたり、ミキサーやブレンダーで撹拌して作りますね。でも売られている野菜ジュースのほとんどというかすべて?は濃縮還元という方法で作られています。濃縮還元とは野菜を煮詰めてドロドロにした状態に水を加えて増やした飲み物です。

砂糖の入っていないジャムを水で薄めた飲み物?こう考えるとイメージ悪いですがこれだけの野菜を200円程度で販売するのですから輸送費を抑えることは重要なのでしょう。

濃縮還元は栄養素、ビタミンが壊されている?

問題になっているのはジャム作りのような製造方法ではありません。その栄養素のほうです。自宅でジュースを作ってみるとわかりますが、生ジュースって日持ちしません。市販品野菜ジュースが日持ちするのは加熱することで殺菌しているからです。

この殺菌のための加熱工程で多くのビタミンが破壊されてしまいます。市販の野菜ジュースにはよくベータカロテン豊富と書かれていますが、ベータカロテンは熱に比較的強いので破壊されずに残る栄養素なのです。ほとんどのビタミンが壊された野菜ジュースは100パーセントリンゴジュースとあまり変わらないかもしれませんね。

yasai

野菜ジュースはどんな時に使えるのか?

じゃあ野菜ジュースは飲むのが無駄か?栄養がないのか?といえばそんなことはありません。生野菜や自分で調理した野菜と比べれば劣っていたり、栄養素が破壊されているという問題があるだけです。

朝食がパンやおにぎりなどの炭水化物だけでお昼もそばやうどんなんていう日には当然野菜不足になっています。間食やお昼のドリンクとして野菜ジュースを選ぶという選択は十分アリでしょう。果汁のカロリー分が気になったとしても他の清涼飲料水よりも栄養価が高いので満腹感を得られます。

病気の時や風邪のひきはじめにも野菜ジュースは使えます。ちょっとダルくなってくると料理もそこそこになりがちになります。そんな時の野菜不足解消に役立ちます。

生野菜、自分で調理した野菜>>>>越えられない壁>野菜ジュース

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク




error: Content is protected !!