生理中の睡眠時に横漏れしないサニタリーショーツ

生理の時って夜なかなか熟睡できない…それは月経血が横漏れしたり、伝い漏れしているせいです。そこでぴったりフィットするサニタリーショーツをタイプ別に紹介します。

スポンサーリンク




生理で熟睡できない理由

生理の時に熟睡できないのは生理痛の痛みもあるかもしれませんが、痛み止めさえ飲んでしまえば何とか眠れるようにはなります。目が覚めてしまうのはツツーーっと「ひょっとして漏れた?」みたいな不安感です。

横漏れ、伝い漏れが気になる

ナプキンを服の上から手で当てがって確認したり、冷たいようなら横漏れを確認するために起きなければいけません。生理中ってただえさえ体がだるいのに夜もよく眠れないと本当に憂鬱ですよね。

それにもし横漏れしていた場合は衣服を交換しなきゃいけないです。そうすると汚れものを下洗いしておかないとシミになって取れなくなるし、眠いけどちょっとゴシゴシ…眠気も覚めるってもんです。

良いナプキンでもフィットしてないと効果なし

ナプキンが夜型40㎝みたいなサイズでも漏れるときは漏れる、どうしてか?というと体に密着していないから。密着しすぎても蒸れるしかぶれるし…程よいフィット感が大事なんです。

で、サニタリーショーツって大抵は防水布をクロッチ部分に使っているので風通りが悪くて蒸れやすくなっています。蒸れない素材のサニタリーショーツを選ぶと漏れたときに被害が甚大になるし…この辺は好みと体質によって使い分けるのが一番かと思います。

そこで、自分の体質にあったサニタリーショーツを選ぶためにいくつかのショーツをピックアップしてみました。

多い日の夜でも横漏れしないサニタリーショーツを選ぶ

とにかく1日目と2日目の量が多い日にぐっすり眠れるようなサニタリーショーツを選ぼう!ということで色々買ってみました。1枚1000円くらいの予算で買っています。しまむらとかでも600円くらいでサニタリーショーツ、売っていますがちょっと奮発しています。

1000円するサニタリーショーツを買うと漏れないんじゃない?1000円でも漏れるなら600円でもいいや…。きっと私の出血量がスゲーということなんだ、と諦めがつきます。

選ぶポイントは次のようなもの。

フィットする

ストレッチ生地とか立体成型とかシームレスタイプとかでお尻部分がダブつかないようなものを選ぼうと思います。

蒸れない

蒸れるのは通気性が良くないからなんですが、漏れ対策で防水布が入っているタイプのものは基本的に蒸れやすいです。特に長時間同じ姿勢で眠れるような寝相の良い人はすぐにかぶれたりします。

私の場合は暑い日とか、熟睡したときに蒸れやすいので防水タイプじゃなくて通気性を重視しようと思います。(この辺は好みです。布団を絶対汚したくないなら防水布重視が良いです)

肌ざわりが良い

できれば…肌ざわりが良いものを身に着けたいです。でもサニタリーショーツって防水布の肌触りがペタッとして嫌なんですよね。ペタッとしていないならカサカサ音がしたりね…。

でも防水布があると安心だし、汚れ落ちも抜群にいいから防水布だけど肌触りがいいものがあったらいいなぁと。

フィット感あり、防水無しの蒸れないサニタリーショーツ

立体成型で、防水布はついてないけど2重になっていて染みにくい!さらにゴムっぽく伸縮するというかなりポイント高いサニタリーショーツがあります。

見た目からいってウエスト部分がピタッとしてますが、ウエストだけじゃなくてお尻も全体的にフィットします。

で、このショーツの商品説明が怪しすぎて笑います。

パンツ時代の発展につれて、下着も日に日には昔話して決まり悪そうな「シャツ短パンベスト」への移行を展示個性、展示人体美

決まり悪そうな?もう何が言いたいのかさえ分からないコンセプトです。

輸入弾力纎維を防ぐ巻ながら

前の横っ腹には3 d立体蜂巢状ニット工芸

前の横っ腹ってどこよ?ハチの巣状ニットだからおなかの正面なんだろうとは思いますが…。

しかも生地にはなんだか怪しい表記が…

メイン素材: 綿 34% ナイロン 23% ポリエステル 10% 莫代尔 33%

莫代尔 33%??一体何が33パーセント入っているの?!ということで調べてみると英語名はモダールという生地なんだそう。

モダール(modal)は、レーヨンの一種で[1]、パルプを原料とした半合成セルロース繊維である。吸放湿性、質感、保温性に特徴がある。モダール単独、あるいは混紡素材として布地にされ、タオルなどの日用品や下着などの衣類に用いられることが多い。モダールを使った布地は独特の手触りと光沢があり、シルクを想起させる。

Wikipediaより引用

あぁ、なるほどシルクっぽいしなやかな感じはこのモダールという素材のおかげだったようです。説明がほとんど怪しい日本語なので大丈夫か?と訝しいですが、商品はすごくまとも、というか良いものです。

蒸れにくい(だって防水布がない)その割に漏れないくらいフィットする、しかも綿が入っているから肌触りも良い!!というかなり良いものです。

ちなみに商品パッケージもたどたどしい日本語です。

さすがのワコール製文句なしのサニタリーショーツ

次に紹介するのがワコール製のサニタリーショーツ。しかもナイト用!昼間用のサニタリーショーツもかなり性能がいいのでナイト用を買ってみました。

これがこれが、しっかり支えてくれます。結構大きいナプキンをしても月経を吸い込んで重くなってもホールドしてくれます。ナプキンがかぶさる位置にギャザーみたいにゴムが入っていてピンポイントで抑えてくれる感じです。

ショーツ自体がぎっちり押さえるんじゃなくてナプキンそのものを押さえてくれるので苦しくないです。ちょうどお毛毛のところが蒸れやすい人はワコールのサニタリーショーツがいいと思います。

剛毛な人、毛量が多い人はショーツ全体がきっちりしているタイプよりワコールのようなピンポイントに押さえるタイプのショーツだと毛の部分がかゆくなりにくいですよ。

それに防水布が入っているにも関わらず、カサカサしていないし、羽根つきナプキンも羽を隠せる構造になっていて着替えるときも気づかれずにすみます。(これロッカールームとか、子どもが近くにいるときとか地味にポイント高いですよね)

ナイト用というだけあって、かなりホールド力があります。綿混で肌にも優しい素材です。股上も深めで安心感があり、体の線に沿うようなラインになっているので、寝て動いてみても、ナプキンがずれてしまう不安がありませんでした。お尻の立体感が素晴らしくて、夜だけに使うのはもったいない感じ。量が多くて、昼間もナイト用のナプキンを使ってる人はけっこういると思いますが、そういう人はこれを使ったほうがいいかも。きっちり押さえてくれて、しかも、穿いているときのもたつきがなく、一日中、快適に過ごせそうです

Amazonレビューより

好みが分かれるフィット感のサニタリーショーツ

最後に好みによってはすごくフィット感を感じるけど、嫌な人にはきついだけに感じるサニタリーショーツを紹介します。

これね、お腹というか下腹に3枚くらい生地が入っていて、しかもそれぞれが締めてくるから苦しくなる人がいるみたいです。でもこの下腹部分を締めたい人はほど良くフィットして最高の履き心地なんです。

使ってみると、どっちの人の意見もわかるなぁ~と感じます。確かに締め付けてくるけどフィット感も良いです。全体に包み込むような安心感があります。

スポーツする人、特にランニングとか縄跳びみたいな上下運動をするときにはこのサニタリーショーツだと安心です。通気性がいいから蒸れずに運動にも使えるというのも良いところです。

多分、きついと感じるかどうかは体型による違いなんだと思います。下腹に脂肪が付いている場合、押されて苦しくなると思います。(私が太った時に苦しくなったので…痩せたらそうでもなくなった)

なのでちょっとぽっちゃりしているならワンサイズ大きいのを選んでください。ぽっちゃりどころじゃなくかなりふくよかな体型なら2サイズ大きいのでもいいかもしれないです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
error: Content is protected !!