[ドライノーズ]ワセリンを鼻の中に使うと肺炎になる可能性が

去年から発症したドライノーズの治療、予防法でワセリンを紹介していました。しかし長期的に使うことで誤嚥性肺炎のリスクが高まるようなので新しい予防法を探しました。

スポンサーリンク




ドライノーズの予防には保湿が不可欠

ドライノーズは鼻の中が乾燥することで炎症が起きてしまい、鼻血やかさぶた、たくさんの鼻くそに悩まされます。ドライノーズ対策として効き目があるのは水分を与えて保湿してあげることです。手荒れと同じで常に保湿し続けることで自然とよくなっていきます。

ドライノーズ対策にはワセリンを使う人が多いけれど

私がドライノーズを体験した当初(2015年初め)市販で買える予防グッズで評判が良かったものはワセリンでした。

ネットで検索してみるとドライノーズにワセリンを勧めている人は結構いるんですよ。私もワセリンが気になって試したのですが、個人差があるのか悪化気味になりました。

ドライノーズ対策でワセリンを使い続けたら…悪化した体験

 ワセリンを使ったらドライノーズの痛みは治まった

私もワセリンを試しに塗ったところ、塗った瞬間からカサカサだった鼻の中がベタベタしつつも痛くなくなったのですっかり「これで治る」ような気がしました。毎日使っても痛みもなく、症状がひどくなることがなかったので、皆がワセリンが効果的だと言っていたことに納得していました。

ワセリンのおかげでドライノーズが治ったけどすぐに再発した

数週間で完全に治ったと感じたのでワセリンを塗るのを忘れたんです。つまりそれくらい治って、気にならなくなったのです。数日くらいは快適に過ごせたように思います。

でも…またドライノーズの痛みが始まりました。あんまりにも痒くて鼻をギュッとつまんでやり過ごしたら、刺激してしまったようで透明な鼻水が出始めました。焦ってしまってワセリンを塗りましたが水と油っていう感じでなじみが悪かったです。鼻の中はヌルヌルでむず痒い状態でした。

ワセリンでドライノーズが悪化する人もいる

ワセリンで保湿しすぎると自分自身の油分が出なくなる

ドライノーズ+ワセリンでものすごく検索して体験談をみていたら、他にも悪化してしまった人を見つけました。肌断食って30代、40代には無理、乾燥するの記事で書いたように、肌に化粧水など保湿をしないでおくと自分自身の油分で潤うようになる…という話がありました。肌断食というのは、日頃から顔に保湿しすぎるせいで自分自身の油分が出てこなくなった状態で、肌の健康にはあまり良くない状態です。

ドライノーズが慢性化していたり、粘膜が弱いならワセリンは不向き

肌断食と同じように鼻の中をワセリンで保湿しすぎて自分自身の油分がでなくなり、結果的にさらなる乾燥を呼んだ…と推察されます。肌断食の時も感じたんですが、肌の調子が良い人や若くて新陳代謝が良い人、規則正しい生活で十分な栄養がとれている人なら、多少の過剰な保湿(ワセリン塗ったり、塗らなかったり)をしても回復すると思います。

けれど、もうすでにドライノーズが悪化していたり慢性化している時にワセリンを塗るのって鼻の粘膜にとってストレスになっているんだと感じました。化粧かぶれ?みたいな感じなのかもしれません。

ドライノーズは根本的な解決はワセリンじゃできない

空気の乾燥や脱水症状から鼻の粘膜が弱った原因があるのに鼻の粘膜の表面だけケアしても根本的な解決にならない、と思いました。

では、鼻の粘膜の保湿はやめたのか?というとそういうわけにもいきませんでした。放置しておけば症状は変わらず…というよりじわじわと悪化していくようでした。やはり一度ドライノーズになってしまったら何らかの保湿は必要です。粘膜に無理がない体液に近い保湿剤が必要でした。

ワセリンについてはさらに約1年後、ドライノーズが再発した時にワセリンを使い続けることのリスクを知りました。

ワセリンを鼻の中に入れてはいけない、ドライノーズ治療は天然オイルが最適

油脂類を吸入して発症する肺炎を外因性リポイド肺炎という。
外因性リポイド肺炎は,1925 年にLaughlenがパラフィン,点鼻薬などにより
発症した肺炎として初めて報告した。

呼吸器内科医pulmonary.exblog.jpより引用

メルクマニュアル オンライン版より引用

ミネラルオイルやワセリンは、肺の中へ吸いこまれるおそれがあるため、絶対に鼻に入れてはいけません。

肺炎というと細菌やウイルスが肺へ侵入して炎症を起こすイメージがありますが、化学性肺炎といって薬品などの有害物質を吸い込むことで肺炎になることがあります。

長期間ワセリンを使い続けると急に化学性肺炎を発症するかも

化学性肺炎は色々な原因で引き起こされますが、少量と言えど長期間ワセリンに肺が刺激されることで引き起こされることがあります。

今までワセリンを使っていて大丈夫だったから、これからも無事に使い続けることができるとは限らないようです。肺へのダメージが蓄積されているのなら、ワセリンを使うのはリスクが高いと言えるでしょう。

化学性肺炎を放置し続けると細菌やウイルスに対して抵抗がなくなる易感染性という状態になってしまうようです。肺がワセリンの刺激に加え、細菌とウイルスにさらされ続けた結果、肺線維症に移行してしまい、呼吸するのも苦しくなってしまうケースもあるようです。

細菌やウイルスが原因じゃない、異物が原因の肺炎になる

ワセリンやミネラルオイルは肌にとっては油分として効果的に働いてくれますが、吸い込んで肺に入ってしまうと異物として炎症を起こしてしまうことがあります。この異物由来の肺の炎症を化学性肺炎と呼ぶらしいです。

身近な化学性肺炎というと、灯油を子どもが間違って飲んでしまった時に無理やりはかせると肺のほうへ灯油成分がまわり炎症を起こす例などがあります。灯油とワセリン、ミネラルオイルは危険度が違う、灯油の方が危険だ、という認識がありますが、肺に入ってしまえば同じように肺炎を起こしてしまうんですね。

他にもピーナッツが肺へ入ってしまい肺炎を起こすことがあります。

メイクマニュアルではワセリンだけでなく、ミネラルオイルも鼻に入れてはいけないと明記しています。

ベビーオイルも鼻の中には危険、ミネラルオイルの原料とは

メイクマニュアルでいう、ミネラルオイルって体によさそうなイメージがあったのでどんなものか調べてみました。

ミネラルオイルとは鉱物油のことでした。鉱物油とは石油由来の成分です。石油由来だからといってすべてが危険とも限らない石油由来の油で有名なのはベビーオイルです。ドライノーズ対策でベビーオイルを使っている人もいらっしゃいますがリポイド肺炎の一因になるリスクがあります。
B000KTAZQA

赤ちゃんにも使える標準的なオイルですが成分はミネラルオイルからできています。赤ちゃんが鼻から吸い込まないように顔に塗るときは注意したほうがいいですね。
B000KTAZQA

リポイド肺炎はワセリンの他にもパラフィン、点鼻薬で発症したという論文があります。パラフィンは石油由来のミネラルオイルです。ベビーオイルのようなミネラルオイルは安全なイメージもあり、使いやすいオイルですがドライノーズ対策には使わない方がよさそうです。

ベビーオイルなどの鉱物油には栄養分が無い

鉱物油でも精製度が良くないものがあって、そういったものを使うと肌荒れやシミの原因になるようです。鉱物油というのは純粋に油分だけが成分なので、肌に対して栄養があるとか、抗酸化成分が働く、ということがありません。

人の肌の表面には多くの常在菌がいて皮脂や汗を食べながらバランスをとっていてニキビなどの原因となるアクネ菌の増殖を押さえています。栄養分が含まれているオイルだと皮膚の常在菌の栄養となるので肌の状態も良くなっていきますが、鉱物油は栄養分が無いので長く使ううちに肌が乾燥してしまいます。

ドライノーズ対策としてバーユ、馬油を使うのは?

鼻の乾燥対策や花粉対策にも使われている馬油ですが、このような動物性油脂ではリポイド肺炎の原因にはならないのでしょうか。

動物性油脂はリパーゼで加水分解を受け遊離脂肪酸を生成するため、
植物性油脂あるいは鉱物油より激しい反応を生じ壊死性出血性肺炎
(infantile type)を引き起こす。

呼吸器内科医pulmonary.exblog.jpより引用

動物性油脂は植物性油脂や鉱物油(ミネラルオイル)より激しく反応して壊死性出血性肺炎を起こす、とあります。ワセリンが原因で起きる肺炎よりも重症になりそうです。

一般的に起きているリポイド肺炎はパラフィンを中心としたミネラルオイルが原因のようです。ミネラルオイルは液体で無味無臭なので喉から気管へ入り込みやすく咳こんで出す反射が起きにくいのです。

一方、馬油はちょっと独特なにおいがありテクスチャも重めです。しかし誤嚥した場合はミネラルオイルよりも重症な肺炎を起こすリスクがあります。

ニベア、ユースキン、オロナインなどのクリームはドライノーズ対策になるか

油脂+水分が理想的に混ざったものはクリーム類です。保湿にはぴったりのクリームですがドライノーズ対策には使えるでしょうか?

私の経験、実感としては一時的には使えます。外出先で鼻の中がカピカピでかさぶたができそうな時は迷わずに持っているクリームを使ったほうが良いです。クリームはハンドクリームでもリップクリームでも大丈夫です。できれば洗面所で鼻の中を濡らしてから(もしくは下のようなドライノーズ専用の点鼻薬を使う)クリーム類を塗ったほうが刺激が少なく余分な傷が増えません。

関連コンテンツ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!