100円スマホ用ガラスフィルム比較 ダイソーとキャンドゥの違い

grass film Comparison 買って良かったもの
スポンサーリンク

スマホ用のガラスフィルムが100円ショップダイソーとキャンドゥで売られています。キャンドゥーは前バージョンと新バージョンが売られていて、ダイソーからも種類が発売されています。それぞれのガラスフィルムの違いと特徴、耐久性や割れ方などまとめました。

スポンサーリンク

キャンドゥとダイソーのガラスフィルム形状の違い

ダイソーのガラスフィルムとキャンドゥーの前バージョンのガラスフィルムの大きさはほぼ一緒です。ほぼと言っても数ミリも差がありません。 ホームボタンの切り抜きの形もほぼ一緒です。一箇所違うのがダイソーのガラスフィルムの表面上の穴(マイクの穴?)がキャンドゥ前バージョンよりも大きく抜かれています。

 

キャンドゥー新バージョンのガラスフィルムは幅も縦も1mm ずつ 大きいサイズです。このぐらいの差は貼り付けた時に 気にならない程度の差です。

 

キャンドゥの前バージョンと新バージョンの厚さはほぼ一緒で 、ダイソーのガラスフィルムが一番薄かったです。見た目、2/3ぐらいの厚さです 。

表面の触り心地、操作性

grass film Comparison2

左からキャンドゥの前バージョン、真ん中がキャンドゥの新バージョン、一番右がダイソー製のスマホ用ガラスフィルム。全部108円。

 

キャンドゥのガラスフィルムもダイソーのガラスフィルムも、それぞれ好みが分かれるくらいで操作に難が出るような違いはありませんでした。つるつるしているのがダイソーで、ぬるぬるしているのが新しいバージョンのキャンドゥガラスフィルムでした 。前バージョンのキャンドゥガラスフィルムはさらさら?という感じです。
[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ taxonomy=”post_tag” tax_term=”78″ tax_operator=”2″ order=”desc”]

汚れ具合

キャンドゥのガラスフィルムは前バージョン新バージョン共に汚れやすいです。しかも汚れ方が、皮脂がギラギラするような汚れ方をします。ぱっと見て汚い感じになるのでこまめなお手入れが必要だと思います。あんまり放置しておくと、皮脂のギラギラで指が変なふうに滑ります。

 

ダイソーのガラスフィルムはフッ素コートがかかっているおかげなのか、ギラギラした感じには汚れませんでした。でも指紋がつきやすいのはキャンドゥーと一緒だし、汚れ落ちが目に見えるほど良いかと言うと、そこまでの差はありませんでした。表面がギラギラするのは絶対に嫌だ、という人はダイソーのガラスフィルムがおすすめだと思います。

[su_posts id=”1063″ posts_per_page=”5″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

[su_posts id=”2074″ posts_per_page=”5″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

[su_posts id=”2066″ posts_per_page=”5″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

耐久性

キャンドゥの前バージョンガラスフィルムは約1メートルの高さのテーブルから落とした時に割れてしまいました。ガラスフィルムが割れただけで本体は無事でした。なので十分役割は果たせたと思います。1m の高さから落として割れるって言うのは、耐久度としてどうなのか?少し疑問が残りますが、打ち所が悪かった場合もあるし、検証するには100枚単位で終わってみないとわからないと思うので、100円にしては本体を守ってくれたという時点で合格にします。

 

キャンドゥー新バージョンのガラスフィルムは使っていくうちに歪みました。たまたまハズレかもしれませんが、いつも親指で持つ部分が浮いてきてしまいました。使っていた期間は1か月くらいなので使い捨てとしては使えますが、またリピートするかというと、しないと思います。

 

ダイソーのガラスフィルムは貼り付けている時に傷がついてしまいました。砂埃とか鋭い粒などで傷がついたのだと思いますが、ダイソーのガラスフィルムには表面硬度9h という記載がないので表面の強さには疑問が残りました。

表面の割れ方

スマホのガラスフィルムは、素材がれっきとしたガラスだと ガラスが割れるような破片になると聞いたので、全てのガラスフィルムを割ってみました。

 

前バージョンのキャンドゥガラスフィルムは網目状に割れました 。ガラスというよりプラスチックに近いと思いますが、表面強度や耐久性にそれほど何があったようには感じられませんでした。れっきとしたガラスのフィルムとは違うかもしれませんが、割れた時に細かい破片が飛び散ったりしないので安全性は高いと思いました。

 

新バージョンのキャンドゥーガラスフィルムはガラスのコップを割ったときのように割れました。と言ってもバラバラの破片になるのではなく、一体化していながら細かい破片になるような割れ方です。かなり細い1ミリ以下のガラスの粉になるので、目に入ったり吸い込んだりしないような注意が必要だと思います。もし小さい子供がいるなら 、私だったらこの商品は避けると思います。

 

ダイソーのガラスフィルムの割れ方はパキパキに割れます。どちらかと言うとプラスチックみたいに割れました。ダイソーのガラスフィルムは薄いので結構簡単に割れました。今回は割ろうと思って 手で割ったので簡単に割れましたが、薄い分柔軟性があって割れにくいという可能性もあります。

 

100円でガラスフィルムを売るようになったからか、いまやガラスフィルムの値段は暴落しています。 ちょっと前までは1000円以上したのに今では500円前後で売っています。ちょっとでも品質がいいものを欲しい場合はちゃんとしたものを買った方がいいかもしれません。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました